ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2015年 10月 8日 メンマは食べてはいけないものなのか。

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

kengoFrom:高野内 謙伍
自宅の書斎より、、

 

僕はメンマを食べたことがありませんでした。
生まれてから一度もです。

僕の記憶ではこうです。

小さい頃、
出前でとったラーメンで
人生ではじめてメンマと対面しました。

その時、
メンマを指して母親がこう言いました。

「これはすごく辛いからお前が食べたら大変だよ。
大人用の食べ物だから、お母さんが食べてあげる。」

それは大変だ、、
僕はなんの疑いもなく、
母親にメンマをあげました。

この一件以降、
メンマが入っていれば母親にあげる、
という行動が自動的に繰り返されていきました。

メンマというやつは、
日常でそんなに頻繁に出くわすものでもありません。

そして、小さい頃というのは、
ほとんど両親と一緒にごはんを食べます。

僕はメンマを一度も食べることなく成長していきました。

 

中学生になったある日、
友達と一緒にラーメン屋に行く、ということがありました。

中学生にもなると生意気盛りです。
俺に食えないものなんてねぇぜ、という勢いで、
生まれてはじめてメンマを食べるという行動を起こしました。

しかも、
他の何よりも、一番最初に手をつけてやります。

食べてみて、
びっくりしました。。

めちゃくちゃうまいし、
ちっとも辛い食べ物ではありません…

これはいったいどういうことだ。
メンマには辛いものと辛くないものがあるのか?

生まれてはじめて食べたメンマの食感、味に
すっかり夢中になり、友達のメンマもすべて食べました。

その日はメンマのこと以外に考えることができませんでした。

 

その夜、母親を見るなりメンマのことを聞いてみます。
するとその答えは、

「はぁ、わたしそんなこと言ったぁ?
メンマが好きだから食べたかっただけじゃない?」

なんだと、、
メンマ食べたさに、
嘘をついて子供からメンマを取り上げる?

なんてことしやがる。
僕はそのために中学一年になるまで
あのうまいメンマを食べるチャンスを失ったんだぞ。

どうしようか。
これから毎日メンマ食ってやろうか。

それとも、
以後母親のメンマはすべて没収の刑にしてやろうか。

結局その日はメンマのことばかり考える一日になりました。

 

翌週、家族でメンマを食べに行くことになりました。
いや、外食をすることになりました。

僕は猛烈に主張します。
ラーメン屋に行きたい、と。

父親が難色を示しましたが、
僕は何を言われても一貫してラーメン屋を主張します。

とにかくラーメンを食べないことにはメンマは食べれません。
当時の考えでは、メンマとはラーメンの上にちょっとだけのっているものです。

必死の主張が聞き入れられ、
ラーメン屋に行くことが決まりました。

そして、
ラーメン屋でさらに驚くことがありました。

僕がメンマのうまさを話していると、
そんな好きなら好きなだけ食べればいいじゃん、
そう父親がいい、おつまみメンマというものを注文しました。

それは、、
まさかの小皿にメンマだけが
山のように盛られた驚きの一品でした。

今まですれ違いがあったけど、
やっと出会えた喜びを噛みしめながら
その日、僕は小皿2つのメンマをたいらげました。

 

メンマに限らず、
僕らの人生ではこんなことがあるのではないでしょうか。

いつの日か起こった、
ほんのちょっとした出来事、
誰かが言ったほんのちょっとしたこと、
そんなことを採用して、その後の人生で従い続ける。

おまえには無理。
おまえは○○が苦手。
おまえは○○することができない。

こういうの、
このメンマの話くらいバカげた話かもしれないですね。

食べたことなかったけど、
食べてみたら、びっくりするくらいうまかった。

そんな話はいくらでもあるのかもしれません。

知らないうちにできないと思い込んでいたこと、
無理だと思い込んでいたこと、

今日あたり、
何か一つでもやってみるってのはどうでしょうね。

 

 

manma

 

 

 

追伸、マイケル・ボルダックの新作DVD「感情の科学」
早期特別割引価格での販売は、あと4日で終了です。
http://www.forestpub.co.jp/emotion/m/

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆
川上真太郎

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.