ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2015年 9月 30日 人を動かす6つの方法!

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

hiro 01From:吉田裕澄

人を魅了する人、人から好かれる人には、
ある共通点があります。

・安心感、安全 
・変化、バラエティ
・尊敬、尊重、重要感
・愛情、つながり
・成長
・貢献

何のことだと思いますか?

これらは先週お話させていただきました
「人間の6つのニーズ」と呼ばれるものです。

人間が何であれ行動を起こす原因は、
この6つのニーズのどれか、
またはいくつかに当てはまっています。

これらは良い、悪いではなく、
人間が生まれながらにして
持っているニーズです。

人間が究極的に得たいものは、
物質的なものではなく、

「感情」

なんです。

お金だってそうです。
それを持つこと、使うことによって
その先にある、感情が欲しいのです。

ご理解いただけますか?

買い物をするときのことを
考えてみてください。

あなたが買い物をするときにも、
その商品やサービスが6つのニーズの
どれかに当てはまっているはずです。

例えば、
旅行に行くのは、
いつもと違う日常や非日常を楽しむ、
新しい景色を楽しむといった
バラエティのニーズが満たされます。

セミナーに参加するのは、
自分をさらに向上させたい、
新しいことを学ぶことで成長を感じる
成長のニーズが満たされます。

それではコーチングは何でしょうか?

コーチングは、
ゴール達成ができるという安心感、
コーチとのつながり、
成長できるという成長のニーズが
考えられます。

そう考えると、
あなたの商品やサービスも
この6つのニーズを満たすことで

お客さんから
「買いたい」と言われるわけです。

実はこの6つのニーズは、
「人の行動を駆り立てるもの」で、

買うという行動以外にも
人間の取る行動は

6つのニーズのいずれかを
満たすためのものなのです。

それでは、
断られる、拒絶されるのは好きですか?

「なにを、バカなことを」

と思われたかもしれません。

だから営業や売ることが
好きじゃないという人が多いのでしょう。

というのも、断られたり、拒絶されたりすると、
6つのニーズのどれが欠乏するのでしょうか?

まずは、
「つながりのニーズ」ですね。

そして、断られるということは、

「尊敬、尊重のニーズ」も
満たされません。

断られたり、拒絶されることで
自分自身が否定されたように感じてしまい、

自己防衛本能が働き、無意識のうちに
営業活動を避けようとする気持ちになります。

相手から受け入れられていない。

自分の存在を否定されている。

そんなふうに思えてしまうので、
辛くなってしまうんじゃないでしょうか。

 【 人は価値ある存在と認められたい、
   尊敬されたいと思うニーズを持っている 】

のです。

だから、

もし、あなたが、
価値ある存在と認められ、

尊敬されるような関係を
ほかの人と築くことが出来たなら、
きっとワクワクした気持ちになるでしょう。

このワクワクした感情はゴール達成に
とても大切な感情です。

というのも
マイケルのスキルのすべての根底には

「感情=行動」

という概念があります。

人間は、感情が伴わないと
行動がとれないのです。

無理矢理気合いを入れて
行動を取ることはできるかも知れませんが、
そのときのパフォーマンスはどうでしょうか?

反対にワクワクした感情のともなった
行動はパフォーマンスが段違いによくなるのです。

なので、
状態作り(感情)はすごく大切なのです。

 

 

追伸

状態作り(感情)により詳しく学びたいのなら、
「感情の科学」がいいでしょう。
今なら早期割引価格で手に入ります。
http://www.forestpub.co.jp/emotion/m/

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆
川上真太郎

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.