ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2018年 6月 25日 チャレンジすることの抵抗を減らす方法

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

 

 

From:川上 真太郎
自宅のリビングより、、、

 

 

「新しいことにチャレンジすることが怖いんです。」
こうした相談をよく受けます。

これ、正常な反応だと思います。
新しい領域を開拓するのは僕も怖さを感じます。
それ自体は問題ないのかもしれません。

ただ、最近相談を受けた例で言えば、
新しいことにチャレンジしたいんだけど、
かれこれ10年以上できていないんだそうです。

これについてはちょっと問題で、
解決していく必要がありそうです。

 

人は、「快適領域」と呼ばれる、
安心・安全を感じる領域を誰でも持っています。
恐怖・不安はなく、快適性を感じられる領域です。

1週間の自分の行動を振り返ってみると、
ああこれが快適領域か、というのがわかります。

 

例えば、
いつも同じ道順で、家から駅まで行っている。
いつも同じカフェで同じメニューを注文している。
いつも同じようなメンバーで飲み会、お茶会を開いている。
いつも同じパターンを実行することで、
確実感や安心感を獲得することができます。

反対に、
いつもと違うパターンを実行するのは、
緊張をしたり、不安を感じたりと非常に不快適です。

しかし、未知の領域に入ることで成長がありますし、
新たな発見があったり、気づきが得られることがよくあります。
やはり、快適性を求め過ぎて、永久にチャレンジができなくなるのは、
あまり得策と言えなさそうです。

 

これを解決するポイントの一つとして、
「快適領域を少しずつ広げていく」という方法があります。

いきなり難しいことから始める必要はありません。
簡単な小さなことから少しずつ快適領域を広げることがポイントです。

 

例えば、
・いつもと違う道を通って駅まで行く。
・いつもと違う商品をカフェで注文する。
・行ったことがないお店でお昼ご飯を食べる。
・利き手ではないほうの手で歯を磨く。
・普段読まない分野の本を読む。
などなど。

 

快適領域を少しずつ広げることで、
新たなことにチャレンジすることの抵抗が低くなります。

こうした取り組みによって、
次第に大きな変化をした人はたくさんいます。

僕もこれを2年前に採用して、
チャレンジがたくさんできるようになりました。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

追伸、
数々の成功者を輩出し、今や伝説となっている
『有料クライアントを獲得する16ステップ』を
7月21日(土)、22日(日)の2日間で行います。

http://michaelbolduc.jp/16-steps-seminar/

 

 

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆
川上真太郎

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.