ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2018年 6月 22日 道のりの定義

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

 

 

From:高橋 満作
自室にて、、

 

 

先月の、ある日の夕方。

僕は、都内にある病院の一室を訪れていました。

部屋のベッドには、
女性の方が座っています。

歳は50歳前半くらい。
僕のクライアントさんなのですが、
現在ある病を抱えており、完治に向けて奮闘中です。

実は、お医者さんからは症状は重いと診断されおり、
予断を許さない状況にあります。

しかし、当の本人は明るい様子で、
ときおり冗談を交えつつ会話をする余裕を見せています。

「お医者さんがなんと言おうと、
私なら、治せると信じています。
治すために、とにかく何でもやりますよ。」

彼女は、強い意思を持った目を向けて、
ハッキリと僕にそう言います。

「素晴らしいですね。
僕にできることは何でもお手伝いさせてください。」

僕も、強い意思を持ってそう返事をします。

2019年12月31日までに、病を完治させる。

これは、現在彼女が掲げている目標です。

その彼女に、僕はこんな質問をしました。

「2019年12月31日までに、病を完治させる。
この道のりを、どのような経験にしたいですか?」

「どのような経験にしたいか、、ですか?」

そうです、と返事をし、
彼女からの答えをしばし待ちます。

ちょっと変わったこの質問に対し、
彼女はじっくり考えを巡らせ、答えを探します。

考え始めて一分ほど経ったころ。
彼女はこう口にしました。

「とにかく、健康とは何たるかを深く学び、
マスターする道、、ですかね。
そういう経験にしたいと思います。」

そして、こう続けます。

「私は今まで、自分の健康を
ずっとないがしろにしてきましたからね、、

とにかく、仕事のことばかり考えて、
ひたすら走り続けてきました。

今回の出来事は、私にとっては、
健康について学ぶための最高の機会だと思うんです。」

自分の言葉を一つ一つ確かめるように、
彼女は続けました。

そして、あらためて強い確信を持って、
こう言いました。

「今からの道のりは、健康をマスターするための道。
そう決めました。」

そう言う彼女からは、
病人とは思えないほどの力が
溢れて出ているように感じられました。

 

人生を進めていく中で、時に、
困難な道のりもあるかもしれません。

しかし、その道のりをどのように定義するかは、
自分が決めることができます。

あなたは、今望んでいること、
取り組んでいることはなんでしょう?

その道のりを、
どのような経験にしたいでしょう?

どんな道だと定義すれば、
あなたに力を与えてくれるでしょう。

 

 

 

 

追伸、
沖縄にて「ビリーフ・チェンジ実践講座」を開催いたします。
講師は、マイケルが絶大なる信頼を寄せるマスターコーチ、高野内 謙伍です。
ご都合のつく方は、ぜひお越しください。
http://michaelbolduc.jp/belief-change/

 

 

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆
川上真太郎

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.