ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2018年 6月 4日 質の高いゴール設定とは、、?

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

 

 

From:川上 真太郎
自宅のリビングより、、、

 

 

ここ数年、
充実した人生を送っている人に
お会いする機会がとても増えてきました。

こうした人たちと時間を過ごしていると、
ある共通点を持っていることに気づかされます。

それは、
「自分自身で、質の高いゴール設定を定期的にしている」
ということです。

今日は、
自分自身で質の高いゴールをどのよう設定するか、
そのコツをお伝えしたいと思います。

 

初めに例を出したいと思います。

「A子さん」と「B子さん」という2人の女性がいます。

この2人、
ダイエットに関するゴールをそれぞれ持っています。

A子さんは、「ダイエットをする。」というゴール。

対して、

B子さんは、
「グアム旅行で水着を着て思いっきり遊ぶために、
 2018年5月31日までに、
 現在の体重55kgから-5kgを落とし、
 体重50kgの体型を実現する。」
というゴール。

それぞれ異なるゴールを持ったA子さんとB子さん、
どちらの方が行動を取りやすいのか想像してみてください。

答えは明白ですね。
B子さんの方が、行動を取りやすいです。
具体的な計画を作れますし、進捗も管理しやすい。
何と言っても、B子さんの方がワクワクしながら行動できそうです。

 

誰でもできるゴール設定の手法として、
『SMARTの法則』が、代表的と言えます。

『SMARTの法則』とは、

 S: Specific 明確である
 M: Measurable 測定可能である
 A: Achievable 達成可能である
 R: Relevant 価値観に沿っている
 T: Time 期限がある

という5つの項目から構成される法則です。

法則と書いていますが、
こちらの項目一つずつを当てはめ、
ゴールを設定していく道具だとお考えください。

そして、各項目を適切に設定していくために、
自分自身に「質問」を投げかけると効果的です。

 

下記の質問をして、ゴールを設定していきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
S:「私は、具体的にどんなゴールを達成できたら嬉しいだろうか? 」

→「具体的に」と入れることで、イメージを膨らませ、
  自分が望む姿をリアルに思い描きましょう。
 いや待てよ、こんなのできるのかな?など、
 余計な判断は入れないことがポイントです。

M:「私は、このゴールが達成できたと、どのようにして分かるだろうか? 」

→ どうなったら、ゴール達成と自分は認識するのか。
 この質問の答えは、具体的で測定可能かどうか、
 可能な限り明確にしていきましょう。

A: 「私は、客観的にみて何%くらいの確率で、このゴールを達成できるだろうか?」

→このゴールが現実的に達成することが可能なのかを客観的に検討します。
 最も効果的なのは50%です。
 高過ぎたり低過ぎたりすると、やる気が起きにくくなります。
 50%になるように量か期日を調整しましょう。

R: 「私は、このゴールの達成がどうして大切なのだろうか? 」

→自分の価値観に沿ったゴールであるのかを確認します。
 ここが弱いと継続した行動が取りにくくなります。

T: 「私は、このゴールをいつまでに達成したいのだろうか?」

→「いつまでに」と入れることで、具体的な期限の設定していきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

順番については、
S → T → M → A → R の順で質問すると更にいいです。

 

ぜひ一度活用してみてください。

少しでもあなたの人生が充実すれば、うれしく思います。

 

 

 

 

追伸、
沖縄で実践講座を開催いたします。

ご都合つく方は、どうぞお越しくださいませ。
http://michaelbolduc.jp/belief-change/

 

 

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆
川上真太郎

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.