ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2018年 5月 30日 入力された情報に不足があります

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

 

 

From:吉田ヒロズミ

 

 

つい先週のこと。

ヨーロッパへ行く予定があり、
飛行機のチケットの予約をしていました。

ちょうど良い時間の飛行機があり、
そのチケットを取ろうとして、
パスポート情報を入力して、
次のページに進もうとしたときのこと。

「入力された情報に不足があります」

最初意味がわかりませんでした。
入力情報が何か間違ったんだと思いました。

もう一度確認して、情報を入力して、
再度「次へ」ボタンをクリック。

 

「入力された情報に不足があります」

はぁ〜、もうまたかよ。
意味わからんし、情報は間違ってないよ。
と一人パソコンに向かって、グチをこぼしていました。

 

そして、自分のパスポートを見ると、
衝撃の事実が発覚。

 

なんと、
有効期限が6ヶ月を切っている。

気づいた瞬間、
心臓の音が高鳴り、うわぁと思いました。

たしか去年パスポートを見たときに、
「あーもう来年には切れるんだ、早く更新しなきゃ」
と思ったことは覚えています。

パスポートの有効期間(残存有効期限)が、
残り1年未満になると新しいパスポートに切り替えることができる
ということは知っていました。

しかし、余裕がまだまだあるからと
放置してたんです。

そしたら、いつの間にか時は過ぎ、
残存有効期限が6ヶ月間を切っていたのです。

インターネットの予約サイトでは、
「残席7席」とプレッシャーをかけてくる
このタイミングで気づいたわけです。

ちょっと脇汗をかきました。

 

衝撃の事実に気づいたのが朝だったので、
その日の予定をすべて変更し、
急遽パスポートの更新手続きに行きました。

大急ぎで必要書類を揃えて、
予定変更をクライアントさんにお願いして、
大急ぎで出かけました。

パスポートは、最低でも5年の有効期限、
大人であれば大抵の人は、10年にしていると思います。

 

今から10年前。

10年前って、
遠い昔のような感じがするかもしれません。

しかし、目的意識を持っていないと
ある意味「あっと」いう間に過ぎてしまうのではないでしょうか?

 

「あとでやろう」
「今度やろう」
「いつかやろう」
で実際に行動に移せたものってどれぐらいあるでしょう?

「いつかやろう」
「いつかやってみたい」と思ってることを
積極的に行動に移していかないと
あっという間に人生終わってしまうかもしれません。

「いつかやろう」は
やらない可能性が高いです。
というよりも、忘れる可能性が高いんです。

可能な限り”すぐ”にやるべし。

 

マイケルはこう言います。

人は1年でできることを過大評価し、
10年でできることを過小評価する。

この10年という時間、
あなたはどのうように過ごしてきたでしょう?

そして、これからの10年、
どのように過ごしていきましょうか?

 

 

 

 

追伸、
The Decisionのバックナンバーはこちらでご覧いただけます。
http://michaelbolduc.jp/thedecision/

 

 

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆
川上真太郎

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.