ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2018年 5月 27日 パワーポーズ

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

 

 

From:吉田ヒロズミ

 

 

大勢の前でスピーチするとき、
人前で話をしないといけないとき、緊張したことはありませんか?

緊張しすぎてしまうと、本来の力を出せずに、
自分らしさを出せないなんてことがありますよね。
これはとてももったいないことです。

もし、その緊張を簡単に取り除くことができたら、
良いと思いませんか?

マイケルは、こんなときに、
パワーポーズと呼ばれるポーズをすることをオススメしています。

緊張する場面でもたった数分間、パワーポーズをするだけで
緊張せず自信を持つことができるようになります。

 

ボディランゲージが人に与える影響について研究している
社会心理学者であるAmy Cuddy(エイミー・カディ)によると、
動物の世界では大きいものが強いという方程式がしばしば成り立ちます。

求愛活動をするとき鳥は翼を大きく広げ、
敵との縄張り争いをするときゴリラは胸をたたき体を大きく見せて威嚇します。
大きく見せることは動物の本能的な強さの示し方なのです。

そして、体を大きく見せて強さを示す行為は、
人間にも本能として備わっているそうです。

そこで、「自分が強い」と感じた時に体を大きく見せるのであれば、
体を大きく見せれば自分が強いと感じるのではないか?
という仮説のもとに研究をしたのです。

結論をいうと実際その通りだったのです。

 

この効果はただの気分の問題ではなく、
「テストステロン」と「コルチゾール」という
2種類のホルモンバランスの変化により
自信がついたように感じると科学的にも証明されています。

有名な実験の一つに、割り箸を横向きに口ではさんで
コメディを見たときは普通に見たときに比べて
面白く感じるというものがあります。

割り箸を咥えて「笑顔」という体の状態を無理やりつくることで
楽しいという心の動きが後からついてくるのです。

これは体の変化によって心を変化させることができることを意味しています。
つまり、適切なボディランゲージをすることで理想の心をつくることができるのです。

Amy Cuddyによればたった2分間、
パワーポーズと呼ばれるポーズをするだけで、
誰でも自信をつけることができるのだそうです。

パワーポーズは両足を軽く開き両手を腰に当てて胸を張る、
いわゆる「スーパーマン」のポーズです。

大事な商談やプレゼンテーションの前に緊張しながら
縮こまってイスに座っているくらいだったら、
思い切って2分間トイレの個室でパワーポーズをしてみてください。

相手が受け取る印象は話の内容よりも話しているときの態度が
すべてだと研究により証明されています。

話す内容よりも笑顔で胸を張り体を大きく見せて
強い状態をつくり、ポジティブな心で本番にのぞみましょう!

騙されたと思って是非試してみてください!

 

 

 

 

追伸、
The Decisionのバックナンバーはこちらでご覧いただけます。
http://michaelbolduc.jp/thedecision/

 

 

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆
川上真太郎

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.