ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2018年 5月 11日 フルマラソンなんて簡単だよ。

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

 

 

From:高橋 満作
自室にて、、

 

 

よーし。
5月のランニングの走行距離、合計100kmを目指すぞ。

先日の早朝。
10kmのランニングを終え、自宅でシャワーを浴びながら、
そんなことを考えていました。

月間100km。
自分にとってはまだ未体験の領域です。

僕は、新たなゴールを達成している自分を想像し、
ワクワクしていました。

 

しかし、つい最近までは、
月間100km走るなんて想像すらできませんでした。

そんな自分の考えが変わったキッカケは、
先月の中頃のこと。

「満作さん、フルマラソン出ようよ。」

知人であるTさんから、そう誘いを受けました。

Tさんは、何度もフルマラソンを完走しており、
つい最近はウルトラマラソン(118km)を
完走した経験を持つランニングの猛者です。

一方僕はというと、
自分なりにランニングをしていましたが、
いつも5kmくらい走って終了する程度のものでした。

100kmって、、
一体どうやってそんな距離を走ってるんだろう?

たぶんTさんは、才能があるのだろう。
そうでなければ、きっとヘンタイか何かに違いない。

失礼ながら、そんなイメージを持っていました。

しかし、Tさんは
さも当然と言わんばかりに言います。

「正しいやり方を覚えたら、
満作さんだって簡単にできるよ。
今度やり方教えてあげるから、
一緒に10月のフルマラソン出ようよ。」

「マジですか、、」

そんなもんだろうか、そう思いながらも、
ここはTさんの言うことを信じてみることに。

今度、一緒にランニングの練習をしよう。
そう約束をして、この日の会話を終えました。

 

そして、練習日当日。

この日集まったのは、
Tさんと僕を含めて合計6名。

Tさん以外の5名は全員、
ランニング初心者です。

さっそくみんなで、
Tさんのランニング講座を受講します。

準備運動から始まり、
正しいランニングのフォーム、
長距離走るためのランニングのペース、
自分に合ったランニングシューズについてなど、、

一つ一つ丁寧に、そして実践的に、
Tさんに指導してもらいました。

そして、20分のほどの講座を終えた後。

「じゃ、今から10km走ってみようか。」
Tさんがサラッとそう言いました。

なにぃ!?いきなり10kmだと、、

内心ビビってそう叫びましたが、
声には出さないよう堪えます。

ひとまず、Tさんについていってみよう。
そう思い直し、ランニングをスタートさせました。

タッタッタ、、
タッタッタッタ、、
タッタッタッタッタ、、

Tさんに教えてもらった
ランニングのフォームやペースを
守って走るよう努めます。

そのまま30分ほどが経過し、
走行距離5kmに到達。

すぐに気がつきました。
疲れ方が、いつもと全然違います。

いつもなら、5km走ったらバテるところですが、
まだまだ余力が残っている感じがします。

そして、そのまま走り続けること1時間ちょっと。

あっさりと10kmに到達。

おぉ、けっこう余裕でいけた!

ランニングって、
ちゃんと教わったらこんなに違うんだ。

今までの自分のランニングって、
一体なんだったんだ、、

「おめでとう!できたじゃん。」
Tさんがみんなにそう声をかけて回ります。

僕は、10km走れたという達成感を味わいながら
とても嬉しい気持ちを感じていました。

そこから6人全員で飲みに行き、
たっぷり走った後のビールの美味しさに
全員で酔いしれるのでした。

 

そして、ビールを味わいながらこう思いました。

やり方を知らない、
自分が未体験の目標を目の前にすると、

「こんなこと、本当にできるのかな、、」
そう思うこともあるかもしれません。

しかし、ちゃんと正しいやり方を教わって、
言われた通りに実践してみたら、
想像していたよりも簡単にできたりするものです。

正しいやり方を、
プロからしっかり教わる。

どこまでいっても、
何事においても大切なことだな。
あらためてそう思いました。

しかし、今回あらためて痛感しましたが、
「自己流」というのは恐ろしく効率が悪いものですね。。

 

 

 

 

追伸、
The Decisionのバックナンバーはこちらでご覧いただけます。
http://michaelbolduc.jp/thedecision/

 

 

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆
川上真太郎

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.