ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2018年 5月 10日 幸せの条件とは、、

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

 

 

From:川上 真太郎
自宅のリビングより、、、

 

 

先日、コンビニへお昼ごはんを買いに行きました。

お弁当を手に持ち、レジに向かう最中、
駄菓子コーナーがふと目にとまりました。

なんか懐かしいな、
久しぶりに買ってみようかなと思い、
10円のチョコ棒(ホームランバーってやつ)も一緒に購入しました。

お弁当を食べるまでの、小腹を満たそうと思い、
先にチョコ棒を開封します。

すると、
裏面に「ホームラン」(当たりの意)と書かれてます。

やりました。
なんか当たりました。
調べてみると、もう1本貰えるとのこと。

ちょうど公園の側を歩いていたので、
4歳くらいのちっちゃい男の子にあげました。
一緒に買っていた飴もあげました。

「わーい、ありがとう!」
男の子はジャンプして跳ね上がって喜んでました。
一緒にいたお母さんにもお礼を言われました。

おお〜、良かった良かった。
僕はとても嬉しい感情になりました。
なんだか本当に幸せな気持ちです。

それから、
その日の夕方、僕は街を歩いていると、
コーラが飲みてぇなと思い、自販機でコーラを買いました。

130円を入れて購入すると、
硬貨投入口の下にあるドット液晶に、
3つの数字がぐるぐると入れ替わり表示されています。

テテテテテ。
7、7、7と揃い、派手な音楽が流れます。

やりました。
なんか当たりました。
もう1本ゲットできるとのこと。

1日で2回も大当たり引いた(笑)
こんなこともあるもんだなと思い、
近くにいる警備員のおじさんを発見。

ちょいちょいちょいと、おじさんを呼びます。

「僕ね、これ当たったんですけど、おじさんにあげる。
好きなやつ選んでください。」と僕。
「え〜、本当にいいの?」とおじさん。

おじさんは缶コーヒーを選択。
「兄ちゃん、ありがとね。嬉しいよ。」と言ってくれました。

あっ、またこの感情だ。
これだ、これ。ポカポカするやつ。
この、誰かに与えた時が、嬉しいんだよなぁ。

僕は昼に引き続き、幸せな気持ちになりました。

幸せの条件、
以前の僕は何かを手に入れることだと思っていました。

マンション、車、学歴、有名企業への入社、綺麗な奥さん、、

しかし最近は、
これらよりも、更にもっと幸せになる条件を見つけました。

それが「与える」ってやつです。

誰かに何かを与える。

これが幸せの条件です。

駄菓子、ジュース、感謝、許可、愛、、
与えるのは何でもいいと思います。

自分の人生の中で、誰かに何かを与える。

あなたは与えているでしょうか。

 

 

 

 

追伸、
The Decisionのバックナンバーはこちらでご覧いただけます。
http://michaelbolduc.jp/thedecision/

 

 

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆
川上真太郎

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.