ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2018年 5月 7日 美味しく焼くコツ

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

 

 

From:川上 真太郎
自宅のリビングより、、、

 

 

時刻は20時くらい。
この日、僕は先輩と一緒に仕事をしていました。

二人とも朝から何も食べていないということもあって、
晩ご飯を食べようぜということに。

何が美味そうかななんて街を彷徨っていると、
なにやらシブいお店がありました。
お好み屋さんのようです。

「ここにしようか!」と先輩の合図で、入店します。
店内も同様にやはりシブい雰囲気です。

店主の方は、80歳くらいのおじいちゃん。
おじいちゃん一人でお店を回しているようです。

のそのそと、こちらへ歩いてきて、
2人分のメニューとお水を渡してくれます。

オススメは何でしょうかと聞くと、
豚玉のお好み焼きだとおじいちゃんは答えます。
そのタイミングで僕たちは、豚玉のお好み焼きと烏竜茶を注文。

お好み焼きが来るまで、
店内にあるテレビをボケーっと見ていると、
すぐに豚玉のお好み焼きの具と烏竜茶を持ってきてくれました。

おじいちゃんは、私が焼きましょうかと聞くも、
僕らはどこか気を遣って、自分たちで焼くので大丈夫ですと言いました。

先輩と協力して、
慣れないお好み焼きを焼いていきます。

 

一方、
おじいちゃんは遠くの方で、
僕らの焼き状況を観察していました。

10分くらい試行錯誤して、
それなりのお好み焼きが完成しました。

2人ですぐにそれを完食。
追加で明太子チーズのお好み焼きを注文します。

はいはいとおじいちゃんは、厨房へ行くと、
数分で僕たちのテーブルに明太子チーズのお好み焼きの具を持ってきてくれました。

すると今度は何も言わずに、
おじいちゃんがおもむろに焼き始めます。
手際よく無駄なく焼いていきます。

先ほど、僕たちが焼いたものとは、
随分違ったお好み焼きが出来上がりました。
ソースとマヨネーズ、青海苔もかかっています。

どうぞと言い、
食べると味もめちゃくちゃうまいです。
先ほど自分たちで焼いたものとは別物です。

ちょうどよく、おじいちゃんがテーブルの近くにまた来たので、
何をしたらこんなに違うんですかと質問すると、
こう答えました。

「お客さんたちは順番がめちゃくちゃ。
順番さえ守れば美味しく焼けるよ。」

 

お好み焼き以外にもこんなこと、あるかもしれません。

何かを作ったり、何かを成し遂げたりするときに、
順番を注意する。

自己流で大丈夫だと言って、
適当にやっていると望んだ結果が得られないこともしばしば。

しかし、
順番をちゃんと抑えておけば、それなりの成果が出る。

 

順番。

 

お好み焼きを作る以外も、きちんと守っていこうと思いました。

 

 

 

 

追伸、
The Decisionのバックナンバーはこちらでご覧いただけます。
http://michaelbolduc.jp/thedecision/

 

 

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆
川上真太郎

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.