ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2018年 5月 6日 遅刻って何?

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

 

 

From:吉田ヒロズミ

 

 

先日カフェでコーヒーを飲みながら、
スマホでメールチェックをしていたときのことです。

あるカップルが入ってきました。

その2人は、それぞれ好きな飲みものをオーダーしました。
すると、男性は、店員にトイレはどこかと聞いて、
トイレに向かいました。

女性が1人で飲みものを待っていると、
その女性の携帯電話が鳴りました。

携帯電話に出た女性は、何やら楽しげに話をしています。
もちろん、会話の内容までは、聞こえませんが、
彼女の声が聞こえてきました。

「今コーヒーショップに寄って、
コーヒー買ってるから、もうすぐ着くよ」

「もうちょっと待ってて」

数分話していたでしょうか。
すると、男性がトイレから戻ってきました。

その女性は、男性に
「○○がもう現地に着いてるって、早く行きましょう」
と言いました。

すると、その男性は、
「あいつはいつもそうだ。
たかが3分でも大げさに電話かけてきて」

「うるせー、だまれって言っておけ」

ちょっと強めの口調でこんな風に彼女にむかって言いました。

実際に何分遅れていたのかは、
僕にはわかりません。

しかし、彼にとっては、3分遅れは遅刻ではないようだ、
ということは彼の口調から伝わってきました。

もちろん、想像ではありますが…

 

人それぞれルールを持っています。
そして、その自分のルールが正しいと信じているのです。

自分のルールが破られたときには、
怒りという感情を感じます。

相手に自分のルールを伝えたこともないのに、
わかってくれよと言わんばかりに…

自分の中で大切なルールというものはあると思います。
これは絶対に守りたいと思うルールです。

ここで質問があります。
「その絶対に守りたいルールを大切な人、
身近な人に伝えているでしょうか?」

そして、
「そのルールに同意してもらっているでしょうか?」

相手にルールを伝えて、同意してもらってもいないのに、
怒ってしまっていないでしょうか?

 

 

 

 

追伸、
The Decisionのバックナンバーはこちらでご覧いただけます。
http://michaelbolduc.jp/thedecision/

 

 

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆
川上真太郎

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.