ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2018年 3月 27日 フォーカスはどこに向いているか?

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

 

 

From:吉田ヒロズミ

 

 

週末タイのバンコクにてマイケル・ボルダックによる
2日間のイベントが行われました。

1,000人近くの人が集まったそのイベントの中で、
僕はステージ上で話す機会をもらいました。

ステージの袖から会場を見てみると、
1,000人という人の数に圧倒されてしまいます。

演劇や講演会、ライブのショーなどを行う
とても大きな会場です。

正直、内心、ちょっとアセりました。

そんなときにマイケルとのある会話を思い出しました。

 

10年ほど前の話になりますが、
僕が初めて大きな会場で通訳をしたときのことです。

初めてのことに緊張していた
僕にマイケルがコーチングをしてくれました。

 

マイケルが僕を見て、

「ヒロ、緊張しているのか?」と聞いてきました。
(*注 ヒロとは、僕のことです。)

それぐらいキョドっていたのかもしれません(笑)

まあ落ち着きはなかったのでしょう。

そこで、僕は、

「うん、そりゃあもちろん、緊張してるよ。
200人以上会場に居るんだよ。

そんなたくさんの人前で話したことないし。」

それを聞いて、マイケルは、

「なぜ緊張するのか、分かるか?」

と聞いてきました。

「失敗したら、どうしようとか、
うまく訳せなかったら、どうしようって
考えているからかな。」

と僕は答えました。

すると、マイケルは、

「今ヒロがフォーカスしているのは何?
自分ばかりにフォーカスしていないか?」

確かに僕は、
自分にフォーカスをしていました。

「自分が失敗したら、どうしよう。
自分がうまく訳せなかったら、どうしよう」と。

ハッとしました。

「確かに自分にしか、フォーカスしていない。」

と僕は答えました。

すると、マイケルは、

「そう、緊張するときは、自分にフォーカスしているときなんだよ。
それじゃあ、質問だけど、今日ヒロはここに何をしに来たの?」

「マイケルの講演の通訳…」と僕。

マイケル:「ヒロの役割は通訳、たしかにその通り。
じゃあ、もし、今日ヒロがいなかったら、どうなる?」

僕:「英語が分からない人は、マイケルの話が分からないから、
時間の無駄になりかねないかな。」

マイケル:「そうだね。
そうすると、ヒロは今日貢献するためにここに来たの?」

僕:「うん、そうだ。
自分にもできることがあるなら、協力したいと思ってきた。」

マイケル:「それじゃあ、さっきヒロが自分自身にしていた質問って
意味ある質問かな?

失敗したら、どうしよう、とか
うまく訳せなかったらどうしよう、とか」

「たとえ失敗したとしても、言い直すことはできるか?
たとえ訳し間違えたとしても、訳し直すことはできるか?」

僕:「それは、もちろん、できるよ」

マイケル:「それじゃあ、もともとヒロがここに来た理由である
貢献にフォーカスできる質問は何かな?」

僕:「どうしたら参加者により貢献できるか?」

マイケル:「その質問の方が良くないか?」

時間にすると5分ぐらいの会話だったと思います。

しかし、その後の僕の状態は
5分前とはまったく別物でした。

「参加者に何を与えることができるだろうか?」

この質問をし続けることで緊張はまったく無くなり、
通訳も今までよりも数段うまくできました。

とても大きなブレークスルーでした。

マイケルからこの教えを実行しようと決めた瞬間に
フォーカスが自分に向いていたことに気づきました。

焦っていた感情はなくなり、
落ち着いて参加者の皆さんの前で話すことができました。

きれいごとに聞こえるかもしれませんが、
マイケルの根底には、

「人に与える気持ち」が
根付いています。

「フォーカスがどこに向いているのか?」
うまく話そうとは考えていません。

いかに参加者の皆さんに
分かりやすく伝えられるか、

集ってくださった参加者の期待に
応えられるようにベストを尽くそう、

どうやって貢献することができるだろうか?
そこにフォーカスしています。

 

 

 

 

追伸、
2018年マイケル・ボルダック初来日セミナー
「新・達成の科学」が4月に開催されます。

成功の原因と結果を学べる
マイケル・ボルダックのすべての土台となる
ワークショップ型セミナーです。

続々とお申込みをいただき、
残席わずかとなっています。

まだご覧になっていない方は、今すぐこちらをご確認ください。
http://michaelbolduc.jp/soa2018/

 

 

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆
川上真太郎

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.