ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2018年 3月 13日 比べる対象

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

 

 

From:吉田ヒロズミ

 

 

最近クライアントさんや
クライアントさんのクライアントさんから
よく耳にする言葉があります。

それは、「他人と比べて自信がなくなる」
というものです。

もしかしたら、多くの方が
このように悩まれているのかもしれないと思い、
本日はシェアをさせていただきます。

 

まずそもそも論になってしまいますが、
他人と比べるということは、意味がありません。

というのも、比べる対象との土台が違うからです。

土台とは、今までの経験、スタート時期、
スキル、使えるリソース、環境等々、が含まれます。

 

もちろん、頑張って素晴らしい結果を出している人を目標にして、
目指すのであれば、問題はありません。

「あの人に追いつくぞ」と言って、
モチベーションを感じるのであれば、ぜひ活用してください。

比較対象ではなく、結果を出している人を目標として、
そして、モデリング対象とするのです。

結果が出ているからには、その原因があります。

同じような結果を出すためには、どうしたらいいのか、
話を聞くことができるのであれば、
アドバイスを聞くこともできるかもしれません。

 

しかし、出来ている人とただ単に結果を比べてしまうことは
先ほども言ったように、ナンセンスです。

それでは何と比べるのか?

それは、やはり「自分自身」です。
自分自身と比べるのです。

先週の自分、先月の自分、1年前の自分と比べて、
自分はどんな成長をしているのか?

比べる対象は自分しかいません。

 

だからこそ、マイケルは、
クライアントさんに「トラッキングシステム」
を活用してもらっているのです。

トラッキングシステムとは、
日々の行動がゴール達成に向けて、
取れているか確認する仕組みです。

日々ゴール達成に向けて、
行動を取ることで成長を感じることができます。

そして、何よりも自分と比べることに
フォーカスできる仕組みです。

 

 

 

 

追伸、
2018年マイケル・ボルダック初来日セミナー
「新・達成の科学」が4月に開催されます。

成功の原因と結果を学べる
マイケル・ボルダックのすべての土台となる
ワークショップ型セミナーです。

続々とお申込みをいただき、
残席わずかとなっています。

まだご覧になっていない方は、今すぐこちらをご確認ください。
http://michaelbolduc.jp/soa2018/

 

 

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆
川上真太郎

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.