ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2018年 3月 4日 知っている vs やっている

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

 

 

From:吉田ヒロズミ

 

 

つい先日のことです。
僕は、ある講座をオンラインで学んでいました。

あるパートに差し掛かったときです。

「えーこれ前にやったことあるよ。
また同じ内容かぁ。

なんか無駄な投資をしてしまったかな。」

とちょっと後悔に似た
感情が浮かんできました。

「前にも学んで知ってる内容だし、
また同じこと言われても学びにならなそうだな。

時間も無駄になってしまうかな。」

どんどんと後悔の念が浮かんできました。

と同時に、マイケルの声が頭の中で
響いたように感じました。

マイケルがいつもセミナー参加者に聞く質問です。

「学んだことに価値があると理解していながら、
それを活用しなかった経験がある人?」

「それを1回以上したことがある人?」

参加者の方々は、
毎回ほぼ100%の確立で手を挙げます。

 

まさに自分も同じことをやってしまいそうでした。

知っていたとしても、
実際に活用しているか?

これはとても重要な質問です。

 

価値ある情報を活用しなかったという経験は、
マイケルも何度もあると言っています。

マイケルも他の人と同じように
フィードバックを何度も受けています。

まさにこのことです。
知っていることと、その情報を実際に活用してやっているのは、
まったく別のこと。

 

英語で有名なフレーズがあります。
「Knowing without doing is not knowing」

「知っていても行動していないのであれば、知らないことと同じ」

マイケルは、
「情報は潜在的な力だ」と言います。

情報を頭の中にしまい込んでいて
使わなかったとしたら、役に立ちません。

情報や知識だけでは、力になりません。

力を生み出す唯一のものは「行動」だけです。

勉強熱心なあなただからこそ、
お伝えしたいことがあります。

「それ知ってる」ではなく
「それ出来ている」と言っていただきたいのです。

行動ないところに
成功(結果)は100%ありません。

ぜひ学んだことを活かして
行動を起こしていただきたいと思います。

だから、マイケルが言うように
「情報は潜在的な力」なんです。

「行動こそが結果を生み出す」のです。

言い換えると、
知識よりも、行動で差が付くということです。

 

成功は、才能ではありません。
さらに、経験でも知識でもない。

知識や経験がないなら他人の経験から学び、
自分の望む成果をすでに持っている人をモデリングし、
自分の戦略に加え、その上で、早く行動する。

このシステムを人生に取り入れた人が
成功を高確率で手に入れ、大きな成長を手にしています。

なので、明日からと言わず、今日からでも
何をいち早くアクション出来るのか?

そう考えてみてください。

早くアクションをとる。
言葉にすると単純極まりないことですが、
成功者はこれを意識しています。

 

 

 

 

追伸、
2018年マイケル・ボルダック初来日セミナー
「新・達成の科学」が4月に開催されます。

続々とお申込みをいただき、
残席わずかとなっています。

まだご覧になっていない方は、今すぐこちらをご確認ください。
http://michaelbolduc.jp/soa2018/

 

 

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆
川上真太郎

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.