ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2018年 1月 25日 常識には気をつけよう。

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

 

 

From:吉田ヒロズミ

 

===============================
常識とは十八歳までに身につけた
偏見のコレクションのことをいう。

アインシュタイン
===============================

 

日本の常識は、
世界では常識ではないことが多々あります。

海外で生活したり、外国人と話していると、
常識だと思っていたことが通用しないことがよく起こります。

常識とは、言い換えれば、
ある特定グループの中で信じられている、
共通認識されているビリーフです。

その国や地域特有の文化的なものもあるでしょうし、
民族的なものもあると思います。

どんな人であれ、1日の行動の大部分を
無意識で行動しています。

これは、人によって多少の差異はあるものの
どんなに型破りな人でもそうです。

この無意識の中に、
どれだけ常識とされているものが
構成要素として含まれているのか、

考えてみたことはありますか?

ただ単に常識だと言われ、疑いを持たないで、
信じ込むことには、気をつけなくてはいけないのかもしれません。

疑いを持たないということは、
ロボットのように、命令をそのまま受け入れてしまい、
質問もしません。

ある意味思考停止状態です。

アインシュタインの格言にあるように
人間とは知らないうちに自分自身を
常識(偏見)の枠にはめてしまう生き物のようです。

自分の思考が知らない間に常識(偏見)の枠にハマってないか
常に意識しておくのが大事ではないでしょうか?

もちろん、常識と言われているものを
すべて否定しましょうという話ではありません。

常識とされているもので、
自分にとっても、周りの人にとっても、
良いものはたくさんあります。

だからこそ、常識として存在しているわけですから。

僕が聞きたいことは、
ただ単に常識だからと言われることで信じて、
疑いを持つことなく受け入れてしまっていませんか?
ということです。

思考停止状態で、
ただ単に信じ込むことは危険ではないでしょうか?

 

===============================
大多数の人は非常識に成功するより
常識的な失敗を選ぶ

ケインズ
===============================

 

 

 

 

追伸、
世界No.1目標達成コーチと言われるマイケル・ボルダックの
コア・メソッドを1日で学ぶことができる「達成の科学ベーシックセミナー」

残席9席です。

見逃したということのないようにしてください。
http://michaelbolduc.jp/soa-basic/

 

 

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆
川上真太郎

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.