ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2018年 1月 5日 僕のショボさを引き起こしていた原因

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

 

 

From:高橋 満作
自室にて、、

 

 

一年半前のことです。

夜、僕は自宅の机に向かい、
紙を一枚机の上に広げていました。

やっていたことは、今日一日の振り返り。
毎日の決めごとにしている習慣です。

しかし、、
この日は一日を振り返るのがとても苦しく思えました。

理由は単純です。
お恥ずかしいことに、一日の多くの時間を
無駄に費やしてしまったからです。

「今日コレをやろう」と考えていたことのうち、
半分も進めることができていない。
そんな有様でした。

この時の僕は、
おそらく苦悩で顔を歪めていたに違いありません。

マズいなぁ、、
今日一日でやりたかったことが全然できてないぞ、、

なぜこんなことになってしまったんだろう?

僕は今日一日を振り返り、
無駄に時間を費やしてしまっていたときのことを思い返しました。

そして、そのとき自分に何が起こっていたのか
注意深く観察していきました。

すると、あることに気がつきました。

どうやら僕は、やることがたくさん増えてくればくるほど、
頭の中でくだらない質問が繰り広げられているようです。

やることがたくさん増えてきて、
アップアップしているとき、

そんなときの僕の頭の中はこうです。

「ヤバイぞ、どうしよう?」
「これで本当に大丈夫だろうか?」
「間違っていたらどうしよう?」
「この仕事、うまくいかなかったらどうしよう?」
「◯◯さんに怒られるんじゃないか?」

冷静になって考えてみると、
こんなの考えても仕方のないことですし、
考えれば考えるほど自分の力を奪ってしまう質問です。

このくだらない質問を
生み出しているものはなんだろう?

それを考えると、、

安全でいたい。
キツい思いをしたくない。
自分が重要な存在だと感じたい。
傷つきたくない。

こうした自分のエゴが
元になっていることがわかりました。

 

ここまで来て、
僕はマイケルの教えを思い出しました。

マイケルは、人間には以下6つのニーズがあると言います。

—-

1.安定感
安定したい、この状態を保ちたい、というニーズ。

2.不安定感(バラエティ)
いつもと違うなにかを味わいたい、というニーズ。”バラエティ”とも言われます。

3.重要感
自分は重要な存在であり、価値ある存在だと感じたい、というニーズ。

4.つながり、愛
誰かと繋がりたい、誰かに愛されたい、愛したい、というニーズ。

5.成長
成長したいというニーズ。
人は誰でも、自らを成長させたいというニーズを持っています。

6.貢献
誰かに尽くしたい、誰かのためになにかをしたい、やり遂げたい、というニーズ。

—-

 

僕のくだらない質問は、
この中の「1.安定感」と「3.重要感」というニーズを
満たしたいがために生まれてきていることがわかります。

そして、マイケルはこうも言っていました。

ニーズの満たし方は様々な形があり、
質の高いニーズの満たし方と、
質の低いニーズの満たし方が存在する、と。

僕は、自分にこう問いかけました。

「僕のこのくだらない質問は、
質の高いニーズの満たし方だろうか?
それとも、質の低いニーズの満たし方だろうか?」

こう考えると、どう考えても、
明らかに後者だとわかります。

うわー、自分ってショボいなぁ、、

自分の問題の原因が明らかになり、
恥ずかしさと反省の気持ちでいっぱいになりました、、

 

じゃあ、代わりにどんな質問をすれば、
質の高いニーズの満たし方ができるだろう?

その答えを見い出そうと、しばらく考えました。

色々と考えた結果、
次のような質問を思いつきました。

「もしこれら全てをやり遂げたとしたら、
自分にどんな安定を与えてくれるだろう?」

「もしこれら全てをやり遂げたとしたら、
自分にどんな自信を与えてくれるだろう?」

こう問いかけて、
仕事を全てやり遂げた自分を強く想像してみました。

すると、達成したことによって得られる
自分に対する強い自信・確信を感じられます。

そして、これこそが自分に強い安定感と重要感を
感じさせてくれることが容易に想像できます。

こっちの方が、
明らかに質の高いニーズの満たし方だな、、

これからはこの質問を採用しよう。
そう強く決めました。

以降、仕事の量が増えれば増えるほど、
僕はこの質問をするようにしました。

「もしこれら全てをやり遂げたとしたら、
自分にどんな安定を与えてくれるだろう?」

「もしこれら全てをやり遂げたとしたら、
自分にどんな自信を与えてくれるだろう?」

以降、徐々に頭の中からくだらない質問が減っていき、
無駄な時間も減らしていくことができました。

その結果、以前よりも明らかに多くのことを
やり遂げることができるようになっていきました。

 

ひょっとしたら、こんなことって
誰でも経験があることかもしれません。

安心、安全でいたい。
自分が重要な存在だと感じたい。

こうしたニーズに囚われるあまり、
うだうだと頭の中で考えて時間を無駄にしてしまったり、
傷つくことを恐れて行動することを止めてしまったり、、

もしかすると、こういうときは
ニーズの満たし方に問題があるのかもしれません。

どんなときも、質の高いニーズの満たし方ができるよう
自分を正していこう。

あらためて、強くそう思った出来事でした。

 

 

 

追伸、
マイケルのコアメソッドをわかりやすく1日で学べる入門講座、
「達成の科学ベーシック」セミナーが開催されます。

ありがたいことに、続々とお申し込みをいただいております。
興味のある方は、今すぐこちらからお申込みください。
http://michaelbolduc.net/l/m/16N2qskyy9Ibf1

 

 

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆
川上真太郎

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.