ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2017年 12月 26日 99%

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

 

 

From:吉田ヒロズミ

 

 

あなたは飛行機に乗ったことがありますか?

それでは飛行機には、オートパイロットシステムというものが
搭載されていることはご存知でしょうか?

オートパイロットシステムによって、
操縦士は、ほとんど運転する必要がないそうです。

離陸と着陸のときには、操縦をするそうですが、
それ以外の時間、上空ではほとんど自動運転だそうです。

実は、離陸と着陸もほとんど自動でもできるそうです。

驚きませんか?
ほとんどのことは自動でされているとのこと。

知っていたという方も、もちろんいらっしゃると思います。

それでは、その飛行機が上空を飛行中にどれほど
軌道修正をしているか知っていますか?

少し考えてみてください。

どれぐらいの割合で軌道からずれていると思いますか?

驚くことに99%の間は軌道からずれていて、
つねに軌道修正をしているとのことです。

オートパイロットと聞くと、目的地を入力したら、
一直線に飛んで行くと思いませんか?

上空には、障害物がないわけだし、
最短距離を計算して、一直線に目的地まで飛んでいくと思いませんか?

僕はそう思っていました。

しかし、驚くことに99%は軌道からずれていると…

僕は初めてこの話を聞いたときに
とても驚きました。

飛行機に乗っているときには、
軌道からずれているなんて感じることはありませんし、
そもそも飛行機という大きな物体なので、
上空でもそれほど影響を受けないだろうと思っていました。

しかし、実際は、風の影響やその他自然の影響を大きく受け、
最短距離で一直線に飛ぶことはほぼ無理なようです。

飛行機の上から経路を見ることができるとしたら、
ジグザクを繰り返しながら、つねに軌道修正をして、
目的地まで飛んで行くのです。

これって目標達成の道も同じではないでしょうか?

目標達成の道のりにおいて、
軌道からずれることはあります。

しかし、いかにそこから早く軌道修正をして、
フィードバックから学び、目標達成への道のりを進んでいくのか…

それこそが鍵ではないでしょうか?

マイケルは言います。

「軌道からずれることが悪いのではない。

軌道からずれたときに、そのまま軌道修正をせずに、
いつまでもその状態から抜け出さずにいる。

それはいけない。

軌道からずれたときに
いかに早くそこから軌道修正するかが大切だ。

いかに成功している人でも
軌道からずれることはある。

しかし、彼らはすぐに軌道修正をして、
学びに変え、同じ過ちをおかさないのだ。」

 

 

 

追伸、
2018年をいつもと変わらない1年ではなく、
最高の1年としたいのであれば、
目標設定のスキルを手にすることをオススメします。

午後のお知らせを楽しみにお待ちください。

 

 

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆
川上真太郎

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.