ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2017年 12月 6日 ”問い詰めている感”を減らすコツ その1

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

 

 

From:高橋 満作
自室にて、、

 

 

 

コーチングをしていると、
クライアントさんが「やると決めた行動を取らない」
ということがよく起こります。

コーチ、コンサルタント、インストラクター、講師、教師など、
人の指導をする立場の方にとっては、
日常茶飯事のことではないでしょうか。

もちろんこういうときは、
何がクライアントさんの行動を止めさせたのか、
原因を探っていく必要があります。

そのために色々と質問をしていくわけですが、
こういう時、注意すべきことがあります。

これは、僕がコーチングを始めたばかりの頃に
よくやってしまっていた過ちなのですが、、

原因を究明しようと質問をするあまり、
クライアントさんにプレッシャーをかけてしまっていたのです。

「◯◯することを止めたものは何ですか?」
「◯◯とは、具体的にどういうことですか?」

こんな風にたくさん質問をしているうちに、
クライアントさんは”問い詰められている”ように感じ、
防御的になってしまう場合があります。

その結果、正直に答えてくれなかったり、
黙り込んでしまったり、、
ということが起こりがちです。

プレッシャーをかけることなく
相手の方に質問するには、
どうすればいいんだろう?

これは、当初の僕の悩みでした。

そんなとき、マスターコーチである高野内から、
相手に質問をするときのコツをいくつか教わりました。

このコツを実践するようになってから、
相手の方にプレッシャーをかけることなく
質問をすることができるようになりました。

結果、クライアントさんが
正直に開示してくれるようになったのです。

質問をするこっちとしても、
随分と気楽にセッションができるようになりました。

今日は、このコツの1つをシェアさせていただきます。

 

コツは、相手の方に質問をする際、
「適当なニュアンスの言葉」を加えることです。

例を挙げると、以下のような言葉があります。

・例えば〜
・ちなみに〜
・もし仮に〜
・〜だとしたら

こうした言葉を加えると、
断定的な表現を回避することができ、
相手のプレッシャーを和らげることができます。

 

例として、ダイエット中のAさんという方がいたとしましょう。

Aさんは、ダイエットのために
毎朝ランニングを始めようとしていたとします。

しかし、なかなか思うように
ランニングを継続することができません。

この状況で、コーチとして
Aさんに以下のような質問ができます。

————–

例1
ランニングすることを妨げているものはなんですか?

例2
ちなみに、ランニングすることを妨げているものがあるとしたら、
どんなことがありますか?

————–

例1は、わりと直接的で、
Aさんは問い詰められているように
感じてしまうかもしれません。

例2は、例1の質問に
「適当なニュアンスの言葉」を加えたものです。

“ちなみに〜”、”〜としたら”、
この2つの言葉を加えてみました。

例1と例2の質問を、口に出して読んでみて、
どんな違いがあるか確かめてみてください。

きっと、例2の方が、
柔らかく聴こえるのではないでしょうか。

 

このように「適当なニュアンスの言葉」を適度に加えることで、
”問い詰めてる感”を減らし、
相手の心理的な抵抗を和らげる効果が期待できます。

上手く使えば、相手の方から
上手に本音を引き出すことができるでしょう。

ほんのちょっとした違いですが、
実践していて、とても重要な事だと感じます。

人に質問をする際、ぜひ活用してみてください。

 

 

 

 

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.