ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2017年 12月 1日 最高の練習相手とは?

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

 

 

From:高橋 満作
自室にて、、

 

 

 

先日、コーチとして起業を目指すある方から、
こんな質問をいただきました。

「学んだことを、ちゃんとクライアントさんに教えたり、
使ったりすることができるようになりたいのですが、
身に付けるべきスキルがたくさんありすぎて、覚えきれません、、
できるだけ早くスキルをマスターするために、
何かよい練習法はあるでしょうか?」

確かに、僕も何年も前、
マイケルのもとでコーチングを学び始めたとき、
同じことで悩みました。

コーチとして身につけるべきスキルはたくさんあります。

しかし、それらのスキルをどうやって練習すればいいのか
見い出すことができてませんでした。

頭の中でイメージトレーニングをしたりもしましたが、
それだけではあまり上達している感覚はありませんでした。

そんなとき、ある練習法を知り、実践したことで、
大きなブレイクスルーを体感しました。

この練習法を実践することで、コーチングスキルだけでなく、
他の様々なスキルを身に付けるのにも役に立ち、
人に使ったり、教えることがどんどんうまくなっていくことを体感しました。

しかも、その過程で自分自身の抱えている問題が
解決されてしまうことさえありました。

今日は、この練習法をシェアさせていただきます。

 

この練習法は、マイケルから教わったものでした。

マイケルは、よくこのように言います。

「最高の練習相手は、自分自身です。
何かのスキルを人に使ったり、教えたりしたいのなら、
まずは自分自身でたくさんの練習をすることが大切です」

自分自身を実験台にし、
トライアンドエラーを繰り返していくこと。
やはりこれが、マスターへの近道だということです。

そのためには、マスターしたいスキルを
いかに自分の日常の中に組み込み、
実践できるかがポイントになります。

そのために、まずは身につけたいスキルを一つ特定します。

例えば、コーチングをしていく中で
必要なスキルを挙げると、

・明確なゴールを設定する技法
・ネガティブな思い込みを壊す技法
・プランニング、時間管理の技法
・心理学を応用した様々な技法
・様々な質問の技法

このようなものがあります。

この中から一つ選び、
次にこう問いかけましょう。

「このスキルを、どうやったら
 日常の中で実践することができるか?」

そして、思いついたアイデアを
実践していきましょう。

例えば「明確なゴールを設定する技法」を練習したいなら、
自分自身の今月1ヶ月のゴールや、
今週1週間のゴール設定をしてみたり。

「ネガティブな思い込みを壊す技法」を練習したいなら、
自分自身のネガティブな思い込みを紙に書き出し、
「思い込みを壊す技法」を紙の上で実践してみたり。

「質問の技法」を練習したいなら、
「毎日◯時に自分自身に◯◯の質問をする」
というルールを設定し、毎日繰り返し実践してみたり、、

といった具合です。

とにかく、自分自身にどうやって活用できるかを見出し、
実践しましょう。

とても良い練習になりますし、この取り組みを通して
自分自身の問題が解決されてしまうことだってあります。

 

最高の練習相手は、自分自身。
このことを忘れないようにしたいですね。

ぜひ、自分自身にスキルを活用するアイデアを見出し、
どんどん実践してみてください。

 

 

 

 

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.