ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2017年 11月 26日 結婚を約束した彼と別れた40代女性の話

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

 

 

From:岸 美帆
自宅ログハウスの和室より

 

2年ほど前のことです。

私は、都内某所の自然食レストランで
友人のMを待っていました。

普通の住宅を改築したこのレストランは、
まるで自宅にいるような安心感が漂っています。

Mは学生時代の友人で、
卒業後は転勤の多い仕事に就き、
日本全国を飛び回っています。

先日、出張で東京に来ていると連絡があり、
私たちは数年ぶりに会うことになりました。

 

カチャッ

ドアの開く音が聞こえ、
Mが入ってきました。

「久しぶりね。何年ぶりかしら」

Mが私を見て言います。

前回会ったのは、
たしか共通の友人の結婚式だったと思います。

「美帆は変わらないね」

「Mも、全然かわらないね」

と言いつつ、ちょっぴりシワが増えたかな、、
と本当は思っていました。

きっと、Mも私を見て
同じように思っていたことでしょう。

「乾杯」

カチーン

私たちは、この店のオーナーオススメの
有機ぶどうで作った国産白ワインで乾杯をしました。

やや辛口で、
青っぽい香りが広がります。

私たちは、
まるで学生時代に戻ったかのような気分で
会話を楽しみました。

あの時、あの先生がこうだったとか、
この時、誰と誰が付き合っていたとか、
一緒に旅行した屋久島でサルに会ったとか、
北海道で星がきれいだったとか、、

そして、話はだんだんと
現在に近づきます。

仕事の話、共通の友達の話、
両親の話、、

お互い、話は尽きません。

「お待たせしました」

赤ワインが運ばれてきました。

カチーン

何度目かの乾杯をした後、
Mは言いました。

「わたしね、結婚しようと思っていた人がいたのよ」

ゴクリ…。

私はワインと一緒に息を飲み、
次の言葉を待ちました。

「もう4年ほどお付き合いしてたんだけど…」

「うん…」

「この前、別れちゃった」

「えっ?」

私は、どうリアクションしたらいいか
わかりませんでした。

この年齢になると、
お付き合いも人生設計の一つと考える人が多くなります。

きっとMも、その男性との人生を
思い描いていたことでしょう。

もしMが「子供が欲しい」と思っていたとしたら、
もしかしたらもうチャンスはこの先ないかもしれません。

どうやってMを勇気づけようか、、

そんなことを考えていると、
Mがさっぱりとした表情で言いました。

「これって、もっと素敵な男性と
出会えるってことだと思うのよ」

別れたことが、まるで
人生最高の出来事だとでも言わんばかりです。

「お待たせしました。
甘酒で煮込んだラタトゥイユでございます」

若い女性スタッフが料理を運んできました。

Mは、その料理を
取り分けながら続けました。

「最初、元カレに別れようって言われた時は
頭が真っ白になったのよ。

だって、
結婚しようってお互いに言ってたしね。

悲しくて、
何日かは落ち込んでいたの。

でもね、たくさん泣いた後でよく考えたら、
これにもきっといい意味があるんだろうなって思ったの」

Mはラタトゥイユをスプーンで口に運びました。

「あら、これ美味しい。
美帆も食べてみて」

「あ、うん」

私もラタトゥイユを一口、食べました。

甘酒の甘味でしょうか…。

私の知っているラタトゥイユよりも
優しい甘味があります。

その甘味を楽しみながら、
「これにもきっといい意味があるんだろうな」
というMの言葉が頭の中で繰り返し響いていました。

 

マイケルは、
出来事自体に意味はないと言います。

自分自身の解釈によって、
良い出来事にも、悪い出来事にも変わると言います。

「きっといい意味がある」

そう信じていたら、
いい意味付けしかできなさそうです。

この考え、採用しよう。
私はそう思っていました。

「そうだよ。
もっと素敵な人が現れるってサインだね」

私はそう言ってワイングラスを
差し出しました。

「Mのいい意味付けに乾杯」

「かんぱーい」

カチーン

グラスとグラスがぶつかり合う音が
店内に響きました。

それから、しばらく私たちは
お料理を楽しみました。

そして、お互いの素晴らしい人生を確信して
私たちは別れました。

 

 

 

 

追伸、
先日、Mからラインが届きました。
結婚が決まったそうです。
お相手は、なんと一回りも年下の男性だそうです。

 

 

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆
川上真太郎

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.