ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2017年 11月 19日 失敗できなくなる方法

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

 

 

From:岸美帆
自宅ログハウスのリビングより

 

 

「メキシコの高校に1年間留学する」

これは娘が
描き続けてきた夢です。

メキシコ人は熱い人間関係を築くという
イメージが彼女にはあるようです。

そんな人間関係を
肌で体験してみたい。

それが娘がメキシコに
行きたい理由です。

今年、高校に進学して
いよいよその夢を実現する時がやってきました。

夢を実現するためには
いくつかのハードルがあります。

その最初のハードルが留学のための試験に
合格することです。

娘はこのハードルを越えるために
毎日夜遅くまで勉強していました。

しかし合格を手にすることは
簡単なことではありませんでした。

1回目 不合格
2回目 不合格

そして3回目の結果が
FAXで送られてきた時のことです。

3回目 不合格

FAXで送られたその結果を見た娘は
そのまま階段を駆け上がり自分の部屋に駆け込みました。

バタン

部屋のドアがものすごい勢いで
締められます。

そしてドアの向こうから
娘の激しい泣き声が聞こえてきました。

それを聞きながら、
私は後悔していました。

私はマイケルから認定されたコーチです。

達成に導く仕事をしているのに
一番身近な娘をコーチングしていなかったのです。

私はどうして大切な娘に
究極の成功法則を教えていなかったのか…。

3回も不合格の通知を受け取る前に
もっと早く娘をコーチングしたらよかった…。

そんなんことを考えていると
ふと、マイケルの言葉が頭に浮かびました。

「失敗はない。
フィードバックがあるだけだ」

今はまさに、娘も私もこのフィードバックから
学ぶ時なのかもしれない…。

私はそう思いました。

こうして私と娘と二人で
試験合格を目指すことになりました。

 

最初にしたことは、プランの改善です。

娘はすでに留学から帰国している先輩に会って
成功要因を見つけました。

成功要因をもとに大量行動プランをつくると
もっと勉強の時間が必要なことがわかりました。

部活の時間や大好きなアイドルのテレビ番組を見る時間を調整して
勉強の時間を確保しました。

そして来年、メキシコでたくさんの人に囲まれて
高校生活を楽しむ姿を想像しながら、試験の勉強をしました。

 

こうして1ヶ月。

先日、4回目のテストの結果が
FAXで送られてきました。

学校から帰った娘が
FAXの印刷ボタンを押します。

ジジジジ

ジジジジ

家族全員がそろって
FAXがプリントされるのを見守っていました。

ツーツーツー
ジーーーーー

娘が印刷された用紙を手にとります。

全員が息を飲みます。

娘の顔がふわっと赤くなりました。

「受かった!!」

「やったー!!!」

私よりも先に
一番下の息子が叫びました。

娘が持っていた用紙には
「合格」の文字が浮かび上がって見えました。

そして私はフィードバックを受け入れて娘をコーチングできたことに
自信と喜びと、それを教えてくれたマイケルに感謝を感じていました。

 

娘はやっと留学のための
スタートラインに立ちました。

まだまだ越えなければならないハードルは
たくさんあります。

そして、それはどんどん高く
越えるのが難しくなっていきます。

今なら、どんなハードルでも
どんどん越えていけると思えます。

だってうまくいかなかったらそこから学んで
改善し続けると絶対にうまくいくことを知ったのですから。

 

改めてマイケルから学んだことが
とても貴重なものだと思える…

そんな家族の一大イベントでした。

 

 

 

 

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆
川上真太郎

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.