ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2017年 11月 11日 コミュニケーションにおける責任

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

 

 

From:吉田ヒロズミ

 

 

昨日は、MINDPOWER NLPプラクティショナープログラムの
2日目でした。

このプログラムの中で
マイケルが必ず参加者にお伝えすること、

それは、

「コミュニケーションの質は、相手から得られる反応でしかない。
自分の望む反応が得られないのであれば、責任は100%自分にある。
望む反応を得られるまで、アプローチを変えること。
失敗はない、フィードバックのみだ。」

コミュニケーションにおいて、
100%自分が責任を持つこと。

もし、相手が悪い、相手がわかってないとしてしまい、
相手に責任を押し付けてしまうと、
こちらには何もできることがなくなり、
力がなくなってしまうのです。

しかし、フィードバックを活用して、より改善、
よりわかりやすく伝えるということを意識することで
望む反応を引き出すことができます。

ときにフィードバックを受け入れることが
難しいと感じる人がいるかもしれません。

しかし、フィードバックはあくまでも、出来事です。

そして、出来事そのものには、意味はありません。
あなたの意味付け以外にその出来事に意味はありません。

出来事そのものが人生をコントロールするのでなく、
その出来事に対する意味付けが人生をコントロールしてしまうのです。

フィードバックという出来事に対して、
力を与える意味付けをすることができているでしょうか?

 

 

 

 

追伸、
本日は、マイケル・ボルダック来日イベント
マインドパワーNLPプラクティショナーコース第1部の3日目です。

今回も志高い人達が集まってくださいました。
そして、脳の取り扱い説明書と呼ばれるNLPを学ぶことによって、
より大きな結果を出していってくれると思います。
いや、確信しています。

第1部と第2部の間には、約1ヶ月ほどの間を空けています。
というのも、この1ヶ月間で学んだことを実際に活用してもらい、
どんな結果を出すことができるか、そのチャレンジをしてもらうためです。

毎回このチャレンジを通して、とてもおもしろい、
興味深い結果が聞けるので今回もとても楽しみです。

 

 

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆
川上真太郎

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.