ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2017年 10月 28日 理想を現実へとする第一歩

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

 

 

From:吉田ヒロズミ

 

 

 

本気でやりたいことを見つけたら、
それを達成する、

もしくはそうなる可能性はとっても
高くなるでしょう。

やりたいことを見つけないままで、
毎日を過ごしていると、
ずっと、流され続ける人生を、
送ることになるかも知れません。

 

先日友人と食事をしていました。
彼は理想の人生を満喫している人です。

好きなライフスタイルで、
家族とともに幸せな生活、
思い描いていた理想の暮らしをしています。

彼との会話の中で、
彼がどのように理想を手にしてきたか
という話になりました。

 

それで、今日は、その会話の中から
あなたにも役立つのではないかという考えを
シェアさせていただきたいと思います。

 

まず彼がやったこと、
それは、「やりたくないこと」を書き出すこと。

やりたいことよりも、
やりたくないことから明確にした方が、
「本当にやりたいこと」に、
たどり着く可能性が高まるのです。

 

部屋の片付けをするときと同じで、
「大切なもの」から見ていくと、
「これはすごく大切」
「これは、あの思い出があって……」と、
荷物が増えてしまう。

「いらないもの」から削っていくことで、
比較的早く判断できるので、整理が進み、
本当に大切なものが、明確になってくる。

 

「やりたいことがよく分からない」という方は、
「やりたくないこと」のほうが、
「やりたいこと」よりも挙げやすいと思います。

誰かに見られるわけではないので、
正直に、自由に書き出してみましょう。

 

そして、次に、
「やりたいこと」を書き出します。

「やりたくないこと」を書き出すことで、
「やりたいこと」の焦点が、はっきりし始めるのです。

部屋の掃除でいらないものを捨てると、
本当に大切なものが見えてきやすいように、

「やりたくない」と思う気持ちに向き合うと、
「~は絶対にやりたくない。本当は……」という形で、
やりたいことも合わせて浮かびやすくなります。

 

それでもまだ、
「やりたいこと」が浮かんで来ないなら、
「やりたくないこと」で書き出した内容を振り返りながら、
やりたくないことの裏側にある気持ちを考えてみましょう。

例えば、
「お金のためだけに働きたくない」なら、
その裏側には、「充実した気持ちで働きたい」という、
前向きな気持ちがあるのかも知れません。

「やりたくないこと」と、
「やりたいこと」は、表裏一体なので、
本当にやりたいことが見えてくる可能性が高まります。

やりたいこと、成し遂げたいことを持っていると、
充実した、幸福な日々を送れることでしょう。

やはり明確に思い描くことが、
理想を現実へとする第一歩だと改めて確信しました。

 

 

われわれは、本気でやりたいことのためなら、
まちがいなく時間を見つける。

ウィリアム・フェザー
(米国の作家・実業家)

 

 

 

 

追伸、
マイケル・ボルダックを
ゼロから成功者へと変えた秘密のスキル。

https://mbjonline.jp/s/nlp2017

 

 

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆
川上真太郎

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.