ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2017年 10月 10日 ハーバード大学の調査

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

 

 

From:吉田ヒロズミ

 

 

1979年アメリカのハーバード大学である調査が行われました。
とても有名な調査なので、あなたもご存知かもしれません。

ハーバード大学と言えば、
アメリカでも超エリートが通う大学です。
たくさんのノーベル賞受賞者を輩出しています。

ある日、ハーバードの教授は、
そんな優秀な学生たちに次のような質問をしました。

「君たちは自分の目標を持っているか?」と

すると、

84%の学生は、目標を持っていませんでした。
13%の学生は、目標を持っていたが紙には書いていませんでした。
3%の学生は目標を持って、それを紙に書いていました。

つまり、目標を持っている学生は、たったの16%しかいませんでした。
しかも目標を紙に書いている学生となると、たったの3%だけ。

それから、10年の月日が流れ、
ハーバード大学のエリートたちは、
大学を卒業し、様々な職業に就いていました。

国を動かす影響力を持った者、
研究者として活躍する者、大手の企業で働く者、

ハーバードの教授は、その調査に参加した元学生たちに
再びアポイントを取付けました。

そして彼らに対してある調査をしました。

すると、次のような
驚くべき結果を得ることになったのです。

なんと、当時目標を持っていた13%の平均年収は、
目標を持っていなかった87%の人達の約2倍でした。

そしてさらに驚くことに、
目標を紙に書いていた3%の平均年収は、
残り97%の人達のなんと10倍だったのです。

 

このハーバード大学の調査が特別だったわけではありません。

実はこのような明確な目標を持つと収入が大きく変化するという事例は、
他にも例を欠きません。
収入の面もそうですが、それ以外の面にもおおいに当てはまります。

大リーグで活躍するイチロー選手は、
小学校の文集に「夢」というテーマで
具体的にプロ野球の選手になるという目標を書いていました。

そして、彼はその夢の通り、
現在大リーグで活躍する超一流選手になっています。

ソフトバンクを一代で築き上げた孫正義氏も、
自らの著書で「自分が持った夢に自分の人生はおおむね比例する結果を生む」
ということを主張しています。

そして彼は、
「現実が厳しいからこそ、
自分の夢を自分の人生に対するビジョンをしっかり持つべきだ」
とも言っています。

人生というのはほんとうに小さな差でしかないのかもしれません。

その小さな差とは、

「目標を持っている」か
「目標を持っていないか」

 

成功した人は、ずっと大きな才能があるわけではありません。
常に長時間働いているわけでもありません。
より賢いわけでもありません。

成功するかしないかの差は、
目標を持っているか、目標を持っていないかの差です。

 

あなたの目の前に大きな山があっても、
明確な地図さえあれば、その地図の通りに進み、
目的地に到着するのは時間の問題でしょう。

しかし、多くの人は、
地図も持たずに山を登って迷子になっているのです。

 

事実、
日本のビジネスマン3000人に対する調査で
目標を持っている人の割合は、たったの5%だったそうです。

だったら、正しい方向を向いたコンパスを手に入れて(つまり明確な目標を設定して)、
経済的にも、精神的にも成功したらどうでしょう?

目標を設定するかしないかだけで、
人生に天と地ほどの差がでるのなら、やってみる価値があると思いませんか?

 

「人はその人が考えているような人になる」とは有名な言葉です。

明確なビジョンがあり、人生を前向きに生きている人は、
本当に自信に満ちて見えるものです。
エネルギーにも満ち溢れています。

だから、人も引き寄せられるし、より大きなお金も稼げるようになるのです。

明確なビジョンを持ったあなたの姿を見た友人や同僚、
上司は「いったいどうしたの?」と声をかけてくるでしょう。

そんな目標を持っていきいきと仕事をし、
人生が充実しているあなたを憧れのまなざしで見るようになるでしょう。

 

発明家のエジソンは何度も失敗しました。
しかし彼はそれを失敗とは考えず、やる気を失うことすらなく、
目標に向かって情熱的に取り組み、最終的に電球を発明しました。

コンパスができて大航海時代が始まったように、
あなたも正しい方向を示すコンパスを持って、夢を達成してみませんか?

想像してみてください…
布団から気持ちよく起き上がると、あなたの頭がスッキリしている。

あなたの目標が明確になっていて、
その目標に向かって清々しい一日をスタートさせているあなたの姿を。

もう指す方向が定まらないコンパスのように、さまよい続けることもありません。
自分の進む方向が分からなくて、フラストレーションが溜まることもなくなるでしょう。

目標もなく、目の前にある作業に追われるばかりの人生を歩むこともなくなります。
きちんとした目標を作ることであなたの毎日にハリがでてきます。

不況だとか環境が悪いとかそんなこと言うだけでは何も変わりません。
誰かが何かをしてくれるのを、状況が変わるのを待つのは終わりにしませんか?

 

 

 

 

追伸、
マイケル・ボルダックをゼロから成功者へと変えた
秘密のスキルがついに公開。

https://mbjonline.jp/s/nlp2017

 

 

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.