ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2017年 8月 10日 それ、なんのため?

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

 

 

From:吉田ヒロズミ

 

 

本屋に行くと、たくさんの参考書や資格試験のための必勝法等が並んでいます。
それだけたくさんの人が興味を持っている、
または、取り組んでいる証拠でしょう。

資格や検定に関するカタログやパンフレットも
たくさん置いてあります。

地域限定の検定試験もあったり、
中には、ホームパーティー検定といったものまであるみたいです。

ちょっと調べてみると、
こういった資格はゆうに1000以上あるようです。

もしかしたら、あなたも何らかの資格を取得しようと、
勉強をされている、または予定しているかもしれません。

 

資格取得は、アウトカム(欲しい結果)ですよね?
その資格を取得する目的はハッキリしていますか?

あなたが毎日のように時間に追われている、
時間がないと言っている方なら特に重要です。

勉強熱心な方であればあるほど
気をつけていただきたい点です。

マイケルのセミナーに来てくださる方は、
特に勉強熱心な方が多いようで、
「今〇〇の資格を取るために勉強しているんです」
とよく聞きます。

セミナー終了後の懇親会等で
そういった話になることがよくあります。

あるとき公認会計士の取得を目指して
勉強をしている方がいらっしゃいました。

公認会計士になるのは、
かなりの狭き門であるということは僕も認識していました。

経営全般に関する知識も必要ですし、
各種法律にも詳しくないといけない、
かなり勉強が必要とされるはずです。

 

しかし、その方は、なかなか勉強に集中することができない、
そういった悩みを抱えていらっしゃいました。

そこで、その方にいくつか質問させていただきました。
明確な目的があって、そのような難関試験に挑戦されていると
考えたからです。

「何のために公認会計士になりたいのですか?」

その方は、明らかに一瞬戸惑いました。

「何のためにですか?」と質問を繰り返します。

「えーと、公認会計士の資格を取れば、
 監査法人や個人事務所に勤務し、いつか独立開業もできます。
 財務・会計部門で活躍することもできます。」

この答えを聞いて、気になりました。
どうも、教科書みたいな答えだなと。

その後お話を聞いていると、
親御さんが会計士で自分もその道を目指すことが
当たり前のようになっていたということでした。

もちろん、会計士を目指すことに反対もしませんし、否定もしません。
資格を取れば、税のことや簿記の知識に詳しくなります。

 

しかし、1番重要なのは、
「自分が勉強しているのは何のためなのか?」
「なりたい自分、目指している自分にどのように役立つのか?」
「この資格を使って、やりたいことは何か?」
「この資格によって、さらに得られるものは何か?」
「この資格を持つことは何を意味するのか?」

資格を取ることが目的となってしまっていないか、
確認することをオススメします。

「資格取得のための勉強」ではなく、
「将来なりたい自分のための勉強」をすることをオススメします。

目指していない方向に行ってしまったら、
何のために時間とお金を投資したのか、本末転倒になってしまいますから。

 

 

 

 

追伸、
人が変化を起こす瞬間を目撃する、衝撃的な6時間。

通常1時間20万円をチャージしている
マイケル・ボルダックのコーチングを
あなたも直接受けられるチャンスがあります。

↓ 今すぐチェック
http://michaelbolduc.jp/mb-live-coaching/

 

 

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.