ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2017年 7月 15日 車のバンパーが落ちました

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

 

 

From;岸美帆
自宅ログハウスのワークスペースより

 

 

ガッシャーン

大きな音が車内に響きました。

それは金曜の夕方。
診療時間ギリギリで飛び込んだ歯医者の
駐車場でした。

その日、私は仕事を終えて大急ぎで
息子を歯医者に連れて来たところです。

この駐車場は狭い上に、歪な形をしています。

そのため一度バックで門の外に出て
歩道に車を乗り入れなければ道路に出ることができません。

事件が起きたのはその時でした。

駐車場に停めてある他の車と
歩道を歩く人に気をとられ
門の横にあるポールに激しく車をぶつけてしまったのです。

「あちゃ〜。やっちゃった〜」

恐る恐る車から降りてみると
先に、ぶつかったポールが目に入りました。

傷もなく、曲がる事もななく
まるで何も起きなかったかのようにそこに立っています。

「なぁんだぁ。
意外と大丈夫だったのかもしれない」

そんな気楽な気持ちで車に目をやった時
私は血の気がさーっと音をたてて引いていくのを感じました。

助手席側のバンパーが割れて
落ちていたのです。

「ああああ」

私よりも先に息子が叫びました。

時計をみると、
もうすぐミーティングの時間になろうとしています。

ミーティングの相手は
マイケル・ボルダックジャパンの社長であり、
マイケルの通訳であり、
マスターコーチの一人でもある吉田です。

「間に合うように
とにかく家に帰らなくちゃ…」

私は慌てて家に帰りました。

 

どうやって家に帰ったのかはあまりよく覚えていませんが
とにかく吉田との約束の時間には間に合い、
ミーティングを終了しました。

ミーティングが終わると
割れて落ちたバンパーの映像が思い出されました。

車を激しくぶつけてしまったという事実が
重く私にのしかかってきます。

「どうしよう…
どうしよう…
どうしたらいいんだろう…」
私はそんな事を頭のなかで繰り返していました。

私は耐え切れなくなって、吉田に言いました。
「聞いてもらいたい事があるんですけど、いいですか?」

「はい。どうしました?
何かあったんですか?」

吉田は心配そうに言いました。

「車をかなり激しくぶつけたんです」

「車?
車をぶつけたんですか…」

吉田は、そんなことかとでも言いたそうです。

「私、すごくショックなんです」

私は吉田に辛い気持ちを伝えようと必死でした。

そんな私に、吉田が言ったのはたった一言。

「意味づけを変えてください」

これだけでした。

私は呆気にとられて、思わず吉田に聞きました。

「それだけですか?」

「はい。」

私は吉田のあまりにもシンンプルな対応に
泣き言も含めて全ての言葉を失っていました。

そんな私に吉田は言いました。

「僕たちは、どんな出来事でも力を与える意味づけができるんです。
マイケルからそう教わりませんでしたか?」

この吉田の言葉は私の心臓を直撃し、
私は一気に平常心を取り戻したことを感じました。

そして自分に対する質問を始めました。

「この出来事の良いところは何だろう…」

少なくともお金で解決できる問題であること、
人に迷惑をかけずに、自分で処理できること、、、

そんな答えが見つかります。

さらに私は自分に対して問いかけます。

「この出来事からどんなことが学べるか…」

スケジュールに余裕を持たせる、
睡眠や休息をしっかりとる、、、

こんな質問を繰り返していると
先ほどまで頭の中を埋め尽くしていた問題がすっかり消えてなくなり、
その代わりに大切な学びを得ていることに気づきました。

この出来事は、どんな出来事でも力を与える意味づけができる
ことを実際に体験する貴重な体験となりました。

 

 

 

 

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆
川上真太郎

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.