ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2017年 7月 2日 ブルーベリーを収穫しました

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

 

 

From:岸美帆
自宅ログハウスのリビングより

 

 

斜面に張り出したウッドデッキの向こう側に
ブルーベリーの木が見えます。

高さ2mくらいに育ったブルーベリーは
隔年でたくさんの実をつけます。

去年はほとんど実をつけなかったので
今年は収穫の年です。

4月頃から花が咲きはじめ、
青い小さな実がたくさんできていました。

ブルーベリーの木は雑木林のすぐ側にあり
油断するとすぐに鳥に食べ尽くされてしまいます。

そのため、実が青いうちから
白いメッシュのシートで覆って
鳥からブルーベリーを守っています。

6月も半分が過ぎた天気のいい朝、
一通りの家事を終えて
コーヒーを飲みながら庭を眺めていました。

白いシート越しにたくさんのブルーベリーが
たわわに実っているのが見えました。

「そろそろ収穫しなくちゃ…」

私は、飲みかけのコーヒーをテーブルに置いて
カゴを手に庭に出ました。

白いシートは紐と洗濯バサミで
木にしっかりと固定されています。

全てを外してしまうと、
次にシートをかける時に大変な作業になりそうです。

私は一部だけ外して、
そこから手を伸ばしてブルーベリーを摘もうとしました。

ところが遠く離れたところから見ると
シート越しに見えていたブルベリーも
近づくと木を覆っている白いシートしか見えません。

手探りで探しても
ブルーベリーがどこにあるのかわかりません。

私はまた少し離れて
白いシートで覆われた木を眺めました。

確かにたくさんの実が熟しているのが見えます。

おおよその場所に目星をつけて
もう一度挑戦します。

手探りで丸い小さな実を見つけましたが
熟しているのか、まだ青いのかまで判断することはできません。

「このシート、邪魔だなぁ…」

鳥からブルーベリーを守っている時には役立っていたシートは
ブルーベリーを収穫する今となっては邪魔な存在でしかありませんでした。

仕方がなく、固定してた紐を解き
木全体を覆っていたシートを外しました。

バサッ

それまでシートの中に押し込められてた枝が
勢いよく飛び出しました。

その枝には青黒く熟したブルーベリーが
たわわに実っています。

手を伸ばすと
簡単に摘むことができます。

シートで覆われていた時は、1つのブルーベリーを摘むのにも大変だったのに
シートがなくなっただけで、簡単に摘むことができます。

私は一番大きく熟したブルーベリーを一つ摘み
そのまま口に入れました。

酸味よりも甘味の方が少し上回るくらいの
バランスの良いブルーベリーでした。

それからしばらくの間、
私は夢中でブルーベリーを摘み取っていました。

ふと、先ほどまで鳥から実を守ってくれていた
白いシートが目に入りました。

こんなにたくさんのブルーベリーが収穫できるのも
このシートが鳥から守ってくれていたおかげです。

「ありがとう」

私は立派に役割を果たしてくれたシートに
そう呟いていました。

それは、これまで助けてくれたことへの感謝であり、
役割を終えたことを告げるものでもあるように思えました。

このシートのように、
ある時期にはとても役立ち、必要だったのに
ステージや目指すゴールが変わったことで
逆に進捗を妨げる存在となっているものが
結構あるのではないでしょうか。

例えば、環境、スキルだったり
価値観や信念、メンターだったり、、。

これまで、あなたを助けてきたものでも
次のステージにふさわしくないようなこともあるかもしれません。

これまでのことに感謝をしつつ
潔く手放したり、または新しいものに変えたりすることで
より早く、より楽にゴールを達成できるように思います。

そんなことを考える
今年のブルーベリーの収穫でした。

 

 

 

 

追伸、
これまでのコーチ認定プログラムの内容を上回る
マイケルのスキルの全てを学べるプログラムです。

コーチ認定プログラム第3期
https://coachingcertification.com/coaching-certification-3

かつてないビジネスチャンスと
成長のチャンスを同時に受け取りたい方は、ぜひご覧ください。

 

 

 

 

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆
川上真太郎

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.