ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2017年 5月 21日 美人になる方法

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

 

 

From:岸美帆
自宅ログハウスのリビングより

 

 

「バカ野郎!わかってんのか、てめぇ!!」

夕方の電車に怒声が響きます。

端の席に座っていた男性が
勢いよく座席から立ち上がりました。

着ている黒いTシャツは所々まだらに色あせ、
襟のあたりが伸びてヨレヨレになっています。

メガネのレンズはすっかり汚れて白く曇って見えます。

ここでは彼を「くもりメガネ」と呼ぶことにします。

くもりメガネはドア付近にいた男性に詰め寄ります。

詰め寄られた男性は
裸の大将の山下清を思い出させる雰囲気です。

彼を「清」と呼ぶことにします。

「わかってんのかって聞いてんだよ!」

くもりメガメがさらに清に詰め寄ります。

清は一瞬困惑したような表情を見せた後
窓の外に視線を移しました。

「おいっ!聞いてんのか!?
聞いてんのかって言ってんだよ!」

一言ごとにくもりメガネの声は大きくなり、
車内は静まり返っていきます。

「おいっ!わかったら謝れ!!」

くもりメガネは、
なおも清に詰め寄り拳を振り上げました。

「てめぇ謝れ!、謝れって言ってんだ!」

はじめは無視していた清も、
終わらない怒声に困惑した顔をして周囲を見回します。

すると乗り合わせた人はまるで波が引くかのように、
すうっと反対方向に顔を向けます。

清は黙ってその場から移動しました。

くもりメガネは何事もなかったかのように座席に戻りました。

清は車内を歩きながら呟いていました。
「けいさつ… けいさつ…」

この言葉が、私には
誰も助けてくれなかったことへの抗議のように聞こえてなりませんでした。

 

電車が次の駅を出発した直後、
また車内にくもりメガネの怒声が響きました。

「わかってんのか、おいっ!!」

同じ車両に乗り合わせた人の視線が一斉に声の方に向けられました。

そこにはチェックのスカートに、
薄いピンク色のシャツと白いベストを着た女子高生がいました。

「おいっ、謝れ!謝れって言ってんだ!
わかってんのか!」

くもりメガネは今度はその女子高生に絡んでいました。
清の時と同じように、女子高生に詰め寄ります。

そして右手を上げ殴りかかる仕草を見せた時、

キーッ!、ゴトンッ!

電車が急停車しました。

背の高い美人の女性がSOSボタンを押したのです。
引き締まった体に長い黒髪。
ウエストの位置が不自然なほど高いように見えます。

私は心の中で彼女を「菜々緒さん」と呼んでいました。

「どうしましたか?」

車内のスピーカーから車掌さんの声が聞こえました。

「女の子が絡まれています。助けてください」

菜々緒さんがハッキリとした口調で言いました。

「おぉぉ」
車内のどこからか、賞賛の声が上がりました。

その声は、菜々緒さんを賞賛するだけではなく
女子高生を守ろうとする空気を創り出したようにも感じられました。

そんな空気をかき消すかのように
「まったく…」
という声が聞こえてきました。

声の主は、菜々緒さんのすぐ近くに座っていた不機嫌そうなお婆さんでした。
お婆さんは読んでいた本に視線を落としたまま言いました。

「ほっとけばいいの、あんなのは。
電車が遅れて迷惑だわ」

そんなお婆さんに菜々緒さんがピシャリと良いました。

「余計なことしてごめんなさい。
私はあの子を助けたかったんです!」

思わず拍手したくなるほど
菜々緒さんはカッコよく見えました。

その時、車掌さんが駆け込んできました。

そしてくもりメガネは駅の係員に付き添われて
電車を降ろされて行きました。

車掌さんが菜々緒さんに頭を下げて言いました。
「安全へのご協力、ありがとうございました」

そして、女子高生も菜々緒さんにお礼を言いにやってきました。

菜々緒さんは美しい素敵な笑顔を見せて言いました。
「何もなくて良かったですね」

その菜々緒さんの笑顔を見て私はこう思いました。
菜々緒さんが美人なのは、もともと美人だというだけではなく
体からにじみ出るあたたかい何かがさらに菜々緒さんを美人にしているのでは…。

お婆さんは依然として不機嫌そうに本に目を落としたままです。

 

菜々緒さんがお婆さんになっても
きっとこのお婆さんの何倍も美人で素敵なんだと思います。

だって、困っている人を助けようと行動する人と
自分の利益のために困った人を困らせたままにしておく人とでは
人に与える印象も人から得られる反応も全く違っていると思うのです。

もちろん、私は菜々緒さんのように生きて、
なり得る限り最高に素敵で美人でありたいと思います。

 

 

 

追伸、
マイケル・ボルダックのコーチングスキルを学ぶことができる
MBI認定プロコーチ認定プログラム第3期説明会の開催が決定しました。

6月1日(木)、11日(日)の2回開催します。
参加することができるのは各回先着15名のみです。
興味のある方は今すぐこちらをチェックしてください。
http://michaelbolduc.jp/briefing/

 

 

 

 

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆
川上真太郎

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.