ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2016年 12月 9日 本当に相手を思ったら、、

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

 

 

kengoFrom:高野内 謙伍
自宅の書斎にて、、

 

やっぱ痛えのかなぁ…

ボキボキっとかされんのかなぁ…

僕はこれから起こることを考え、
ちょっとばかしソワソワしてました。

数ヶ月前、自らのパフォーマンスをより引き出そうと、
日常ほとんど行くことのない整体院に行っていました。

言われるがままに問診表への書き込みを済ませ、
それが終わると施術室に通され着替えを済ませます。

施術を担当してくれるのは、
40代中頃くらいの小柄な女性。

誰かに似てるなぁ、とずっと思っていたのですが、
後で思い出したことには、お笑い芸人のオアシズの大久保さんでした。

はじめにいくつかの簡単な質問を受け、
施術がスタートします。

施術者の方は実に手際よく、
また的確に解説を加えながら身体を整えていってくれます。

時折身体について、かなり専門的な、詳細に渡る解説をしてくれ、
この方がかなりの経験を積んだエキスパートであることを感じさせます。

施術は終始ほとんど痛みもなく、
快適そのものです。

60分の施術が終わる頃には、
はっきりと施術前との違いを体感することができました。

大満足です。

素晴らしい腕前だなぁ。
やはり、こんな腕のいい専門家に
診てもらうことって大切なんだなぁ、そんなことを考えていました。

一通りの施術が終わると、
僕の身体の状態についてわかりやすく説明をしてくれました。

なるほどー、と完全に納得し、
こんなの定期的にやれば、身体の調子はまた一段上、
いや、二段上に上がるかもな、しばらく通おうかなぁと考えます。

一通りの説明を終えると、
施術者の方はお礼を言い、良かったらまた来てくださいと言いました。

この日の施術はこれにて終了です。

 

 

施術は大満足だったものの、
忙しかったりなんだかんだで、
結局これ以来この整体院にはまだ行ってません。

なぜかと言ったら、僕の言い分はこうです。

来週また来てください、とか
2週間後にまた来てください、とか言われなかったから。

仮にいついつに来てください、と言われれば、
僕は喜んで予約をして、スケジュールを確保してまた通ったことでしょう。

施術者の方にも言い分はあると思います。

売り込むことなんて悪いことだ。
迷惑に思われるんじゃないだろうか、とか。

こういうのって、よくあることだよなぁと思いつつ、、

僕はこんなことを思い出しました。

以前、マーケティングのグルと呼ばれ、
フォーブスでアメリカトップ5に入るコンサルタントと言われた
ジェイ・エイブラハムのセミナーに行ったとき、彼がこんなことを話していました。

あるとき、彼が美容院に髪を切りに行ったとき。

カットを終えた美容師さんは、
彼に来店のお礼を言い、それで終了としたそうです。

そこでジェイは美容師さんに聞きました。

「なぜ、私が次にいつ来るべきか言わないんだ?
 私により良くなって欲しいとか、私を気にかける気持ちはないのか?

 私はセクシーである必要があるんだ。

 ベストなタイミングとして、私が次いつ来るべきか、
 あなたは専門家としてはっきりと言うべきじゃないのか?」

もちろん、
中にはこうしてすすめられるのを嫌がる人もいるでしょう。

しかし、、
本当に相手を気にかけ、相手のことを思えば、
自分がどう思われるだろうとか、そんなことは関係ないのかもしれませんね。

だいたい、
相手を思って次回来店のタイミングをおすすめする、
それで相手が嫌がるかどうかなんて、言ってみない限り誰にもわかりませんしね。

 

自分がどうとかではなく、
本当に相手のことを思ったとしたら、どんな対応をするでしょう?

 

 

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆
川上真太郎

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.