ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2016年 10月 31日 痛みは快楽へと変えられる

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

 

 

マイケル

From:マイケル・ボルダック

 

理由さえあれば、
痛みを快楽へと変えられる

おそらくほとんどの方は、元旦、あるいは新年度に「今年を人生で最高の年にしよう」 と言い聞かせたことがあるはずです。

しかし、その決意はなかなか守られることがありません。痛みと快楽をコントロールする能力をマスターしていなかったからです。その反対に、 痛みと快楽にコントロールされていたからです。

あなたの成功への過程を痛みに結びつけてしまうと、失敗へとつながってしまいます。成功の秘訣は、脳の神経回路をつなぎ直すことです。成功習慣に瞬時に感じられる快楽を結びつけるのです。行動することに対する意味付けが私たちの成功にとって極めて重要なのです。

しかし、日々の痛みと葛藤しようとすれば、目の前にある課題と我慢できないほどの痛みを結びつけるため、しばらくするとあきらめてしまいます。

 

次の例でモチベーションをどこまで上げることができるかご説明しましょう。

 

 

この虫の写真を見て、「この虫を食べるとどんな感じがすると思いますか?」と質問したら、あなたは何と答えますか? あなたはきっと、「気持ち悪い、不快だ、吐きそうだ」「こんな虫は絶対に食べない」と考えているでしょう。

 

では、もしこの虫を食べたら1万円をあげると言ったらどうでしょう?(ちなみにこれは養殖された虫で、アジアでは日常的に食べる人もいる100%安全なものです)

 

さあ、あなたはこの虫を食べますか? この質問をセミナー中にしたら、数人の人が「食べる」と答えるでしょう。しかし、食べるという人はまだまだ少数派です。大多数の人はたったの1万円でこの虫を食べるくらいなら死んだほうがましだと言うでしょう。

 

では金額を上げてみましょう。
100万円もらえるんだったら、この虫を食べますか?
もしかすると100万円ではまだ十分ではないと言う人もいるかもしれません。

 

では、1,000万円ではどうでしょう?

そこで質問です。あなたの夢は何ですか?もし1,000万円を手に入れることで自分の夢の達成の助けとなるのであれば食べますか?

1,000万円あればだいたいのことは実現できます。人によっては年収以上の金額です。この虫を食べるだけで1,000万円をあなたのものにすることができるのです。これだけのお金で何ができるかを考えてみてください。ずっと夢見ていた新車のスポーツカーに乗ったり、自分の両親にいくらかをあげることもできますし、外国に行ってビーチのある楽園で豊かな休暇を楽しむこともできます。

もし、あなたがまだ「イヤだ」と答えるのなら、それは、「大金を手にすることを快楽 に結びつける以上に虫を食べるという行動を苦痛に結びつけている」ことを意味します。

あなたが感じるのは、嫌悪感、恐怖心、もしくは自然とみぞおちの辺りがムカムカする生理的な不快感かもしれません。そして、「絶対にやらない」と自分自身に言い聞かせているのです。

 

さて、虫を食べるということを自分がどのように解釈しているのか理解していただけましたか? あなたがどんな意味付けをするのか、それこそがあなたの行動を決定するのです。

もし虫を食べることが快楽なのであれば、あなたは虫を食べるでしょう。しかし、もし虫を食べることが痛みを意味するのであれば、食べないでしょう。人生をコントロールするものとは、人生での出来事に対する意味付けなのです。

 

報酬が虫を食べるという行動を
価値あるものへと変える

実際のところ、この虫を食べるのは苦痛であり、おそらく虫を食べることで1,000万 円のオファーがされることはないだろうと思っているとはいえ、ぜひあなたに問いかけてほしいのです。「もし報酬が十分であれば、自分は食べるだろうか?」と。

 

では、1億円ではどうでしょう?

これだけの大金があれば、あなたは夢にまで見たマイホームを手に入れることができ、老後に備えていくらかを運用することができ、そのうえ経済的安定を得て、素敵な洋服を買い、高級時計を買い、あなたにとって最高の快楽を感じられるほとんどのものを手に入れることができるでしょう。

私の開催したセミナーの経験から言うと、参加者の中の大多数の人はここまでには手を挙げています。

しかし、お金が大きな要因ではないと言う人もいます。どれだけの大金であろうと、たとえ1,000億円を提示したとしても、その人たちは絶対に食べようとしないのです!

 

それでは、今度は違った形で提案してみましょう。そして、虫を食べることがどんな意味に変わるかを見てみましょう。

 

それでは、この虫を食べることで世界中の飢餓ががなくなるとしたらどうでしょう?
それなら虫を食べますか?

 

国連の報告によると、毎日1万8,000人の子どもたちが餓死しているそうです。あな たがこの虫を食べることで1万8,000人の命を救えるとしたらどうでしょうか? この子どもたちの命を救うためにあなたなら虫を食べますか?

 

ほとんどの人が食べると言うと思います。

 

このエクササイズの重要な点は、もし何かをするために十分に大きな理由があれば、あ なたは「やる」と気づけるということです。それは意味が痛みから快楽へと変わるからです。虫を食べることがもはや苦痛を意味しないのです。苦痛とは程遠いものになっています。むしろ、虫を食べることが大きな快楽に変わったのです。報酬が虫を食べるという行動を価値あるものへと変えたのです。

 

あなたはここからどんなことが学べたでしょうか。

 

 

 

 

 

追伸、
マイケル・ボルダックが来日します。
マイケルの人生を一変された実践心理スキル
「NLPプラクティショナーコース」の開催が決定しました。

早期割引は本日までです。
http://scienceofachievement.jp/nlp/

 

 

mailmag

Success Mastery

allbook

執筆者別記事一覧

マイケル・ボルダック
吉田裕澄
高野内謙伍
高橋満作
岸美帆
川上真太郎

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.