ザ・デシジョンは、世界No.1目標達成コーチ、マイケル・ボルダックのコンテンツを紹介するサイトです。
より良い人生を生きたい方のために、目標達成、自己成長をサポートします。

2016年 7月 25日 アンパンマン

執筆者: | コメント数: 件のコメント »

hiro 01From:吉田ヒロズミ

 

世間はポケモンGoの話題で持ちきりですが、
うちではアンパンマンが大流行しています。

2歳になる息子の話ですが、
アンパンマンが大好きです。
泣いていてもアンパンマンを見せると泣き止みます。

アンパンマンは、
日本の子どもたち誰もが知っているであろうヒーローです。

僕が子供の頃にテレビで見た記憶はあまりないのですが、
アンパンマンは大人も知っている日本でもっとも有名なヒーローの一人ではないでしょうか?

ちょっと調べてみたところ
1988年からテレビアニメが始まったそうです。
思ったよりも前からやっているみたいです。

 

うちの息子は、DVDで何度も何度もアンパンマンを観ています。
一度終わるともう一回再生、また終わると、また再生。
エンドレスで続けて観ています。

一緒に観ているとセリフを覚えてしまうぐらいに
何度も何度も繰り返し観ています。

同じ話を何度も観てもよく飽きないなと、
しかも決まって同じ箇所で笑っています。
時には、踊りながら、ジャンプしながら、観ています。

喜んでいる子供の姿を見ながら、
あることに気付きました。

 

子供は誰にも言われなくても、
感情の良くなる方法を知っているということです。
フィジオロジー(体の使い方)という点では、完璧です。

膝を折り曲げて、屈伸の状態から大きくジャンプしたり、
ときには、走り回ったり、両手を思いっきり上げたり、
その手を振り回してみたり、一緒に踊ろうと僕の手を引っ張ったり。

ありとあらゆる方法を使って、全身で楽しんでいます。

 

楽しんでいる息子を見ながら、
ふと、マイケルの言葉を思い出しました。

「つまらない映画を何度も観ることは誰もしない。

しかし、多くの人は、過去の失敗や過去の過ちを持ちだしてきて、
何度も何度も繰り返し思い出している。

そして、また悪い感情を感じ、その感情を感じ続けている。」

一度観て、つまらないと感じ映画やドラマを何度も観るでしょうか?
途中まで観て、つまらないと思ったら、途中でも観るのをやめないでしょうか?

つまらない映画を何度も観る必要はありません。
自分で判断して、頭の中で再生する映像を選ぶことはできます。

そこにとどまらない限り過去と未来は一致しないのです。

 

 

 

anpanman

 

 

2015 © Michael Bolduc Japan Co.,Ltd.